Google

  1. 独自の教材の作成と公開でSEO対策にも有効

    ホームページのコンテンツを増やして、「情報豊かな有益なページ」を装う...という手は、「教員リスト」を使うなどの手でクリアできる。つまり、たくさんの教員一覧を挙げ、それぞれの教員が自己紹介の文を書く。それを掲載する...と、「たくさんの英語の文が載っている優良なサイト」...と言うことになる。

  2. 検索エンジンで上位に表示されるために、教員一覧?

    「良いサイト」にすれば、検索された時に上位に表示される。うん、これは、とっても納得のいく考え方だ。検索する人は、「こういったことについて、知りたい。何か良い情報はないかな」と探しているわけだからね。ところが、この「良いサイト」というのが検索エンジン(Googleなど)には判断が難しい。

  3. SEO 対策のあれこれ Googleロボットとのいたちごっこ

    大手ではできない、地味だけれど有効な対策...すごい、そんなものがあるんだ。さっそくうちもやろう...と考えるネットビジネス(アフィリエイトなども含む)の関係者は考えるだろうね。

  4. キーワードをたくさん書いてGoogleの注意を引きつける

    検索表示の順番を上げるための手としてはいろいろいあるのだが、今回はちょっと古い手、キーワードの埋め込みというやつ。グーグルなどの検索エンジンは、ロボットと呼ばれるソフトウェアでサイトの情報を集めて回る。

  5. リンクを張ることで順位アップ...でお金でリンクを提供

    リンクか重要だ。だから、多くのサイトからリンクが欲しい.....そこに目を付けた人が、リンクを張ってあげる会社を作った。というか、すでにインターネットでホームページ政策や宣伝をしている会社が目をつけたわけだ。どうやるか。まず、サーバーを借りる。レンタルサーバというやつ。

  6. インターネット上の存在がどうやったら目立つか

    さて、オンライン英会話スクールを作って、ホームページを作りました。そこからインターネットで目立つための対策が始まる。いくら立派できれいなホームページを作成しても、それを見てもらえなければ何にもならない。だから何とかして目立たなければならない。

ページ上部へ戻る