英語授業

  1. オンライン英会話の現地にて(7) 農業、工業、そして情報化社会

    情報化社会とか...なにやら堅い言葉ですな。これが、我々の住んでいる社会だとアルビン・トフラーが言っている。うん、確かにそうなんだよな。農業・工業も重要な産業として社会を支えているのだが、現代社会を支えているのは、情報技術だ...と言うことをここで話そう。

  2. 英会話が授業で重視されない理由:日本の教室事情

    日本の中学校や高等学校で英会話があまり重視されない理由として最も大きいのが、「受験英語」では、英会話が必要ないということだ。それ以外にもいろいろある。中学校、高等学校内部の内部事情としては、英語の教員が英語を話せない...と言うこともある。

  3. 小学生の時、英語教室が楽しくて英語が好きになった

    本文 ----------------------------------------------------------------------------------------私は小学生の頃、少ししか日本語が話せない外国人の方が先生でゲームをするという習い事をしていました。

  4. 日本の教員養成課程の教育

    オンライン英会話の話に関係するものとして、日本での教員研修について少し説明してみよう。筆者も幼稚園教員として働いたことがあるから(教育学科卒後すぐに3年ほど)、教育学科の授業や実習などたっぷり経験した。それをかいつまんで話すと...まず、教科が半端ではない。

  5. 日本語、とっても不思議な言葉、4つの表記法の混在

    英会話初心者について、日本人の場合を述べてきた。最初の頃に書いたが、日本人の英会話初心者は恐らく世界で一番不思議な初心者だろう。やたら英語の知識がある。「サンキュー」という言葉を知らない日本人はいないだろう。90代のお年の方でもご存知ではあるまいか。

  6. 日本の学校教育では英会話はできるようにならない

    筆者がオンライン英会話に出会ったのは3年前だ。筆者の教え子が海外旅行の一部でフィリピンに立ち寄って、そこで英語の勉強をしていた時のこと。彼が「どうですか、一度フィリピンに来てみませんか」というので、「東南アジアの人々の生活はまだ見たことないなぁ」と....のこのこ出かけたのだ。

  7. パターンを覚えて文を作る練習をするだけでは英会話は不十分

    さて、英会話初心者の指導だが、ここはとても難しい分野だ。重要なのは、「自分の言いたいことを」「何とか言葉をつないで」言えるように指導することなんだ。日本の英会話スクール、あるいはオンライン英会話スクールで多いパターンは、「文型を覚え、それを応用する」というパターンだ。

ページ上部へ戻る