文法

  1. 初心者・中学生英会話 6 「~にいます」、「~にあります」

    次の文は英語でどう言うでしょう 1) あなた、自分の家にいます。 2) そのネコは、机の下にいます。 3) 彼は、図書館にいます。 4) あの家は、丘の上にあります。 5) その本は、本棚の中にあります。

  2. 初心者・中学生英会話 4 「~ではありません」 否定する文

    次の文は英語でどう言うでしょう 1) それは、タロウの本じゃないよ。 2) 彼は、野球選手ではありません。 3) あの建物は、図書館ではない。 4) その地図は、高価じゃない。 5) 彼女は、賢くない。 ※ これらを英語でサッと言える人はこの項をスキップして下さい。

  3. 初心者・中学生英会話 3 「~ですか?」 たずねる文

    次の文は英語でどう言うでしょう 1) それは、タロウの本かな。 2) 彼は、野球選手ですか。 3) あの建物は、図書館かな。 4) その地図は、高価ですか。 5) 彼女は、とても賢いかい。 ※ これらを英語でサッと言える人はこの項をスキップして下さい。

  4. 超初心者、中学生の英会話(5) 枠組み? どうやって?

    「日常生活で役立つ表現」を丸暗記する勉強法について、筆者はあまり賛成ではない。「賛成ではない」なんて曖昧な言い方をしたけれど、その理由は...その勉強法も無駄ではないんからなんだ。例えば、筆者が昨年覚えた文章がある。

  5. 初心者、中学生指導の困難 (1) 教員の難しい言葉

    日本的な英会話初心者は、英語の知識はそこそこあるけれど、英会話はまったくできない...と言う不思議な初心者だ。このような初心者の指導は難しい。何しろ、フィリピン人教員で日本語が話せるものはほとんどいないのだから。英会話ができない日本人に日本語で説明することができない。

  6. 初心者英会話: 日本人のYes, Noの使い方と「分かったふり」

    日本人は、分かっていなくても「分かった」ふりをする...と言うことに関係して、日本人的"Yes"と"No"の使い方がある。これは、実は、初心者独特のものではなく日本人独特のものだ。この点をちょっと考えて見よう。二人の人が、ある字について、会話している。日本語でのやりとり。

  7. グラマティカル英会話学習、その基本的考え方

    コミュニカティブアプローチは有効だし、ある程度以上のレベルでは、英会話の上達はこの方法がふさわしい。それは疑う余地はない。しかし、「その方法は初心者には適切ではない」というのが筆者の基本的主張だ。ただ、実証したわけではない。

  8. 「役立つ表現」勉強法の限界:初心者には応用が利かない

    さて、初心者に文法を元にした会話の重要性を説明してきたが、この考え方に至ったのは次のような理由からだ。1) 実際の場面で使う実際的な表現は応用が効かない。 I would like to + 動詞  ~したいのですが。

  9. グラマティカルアプローチの問題と対策

    基本的な文型、それも重要で役立つ文型を徹底して習得し、それを使って英会話ができるようになる。このASET Schoolの考え方は有効だと思う。初心者、特に入門レベルの人の場合は、英語の文の作り方が分かるために、上達が早いと考えている。ただし、この方式には問題もある。

  10. 初心者英会話における枠組みってどういうもの?

    前回、対話文を覚えるやり方では、初心者が英会話をマスターする(この言い方はちょっと問題があるけど、つまり、マスターというのがどの程度を指すのか、曖昧だ)のは効率が悪いということを書いた。このことをもう少し具体的に考えてみる。家を建てることを考えてみよう。まず、最初に何をするだろうか。

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る