教員研修

  1. 英会話教育の効果について:教育の専門家って?

    教員というのは、何かを、他の人に「教える」ことで生活している人々だ。だから、教える内容については熟知していなければならない。ま、それは当然。ところで、教えるということは、一人でぶつぶつつぶやいていれば良いのではない。(いやいや、大学にはそういう先生が結構いらっしゃる。

  2. 英会話教育の効果について:教員の質と言うこと

    オンライン英会話スクールを始めて6年目。さまざまなことを考え、このブログで書いてきたけれど、今回は、「教員の質」というやや難しい...いえいえ内容が難しいのではなく、現役教員が書くのは...なかなか抵抗がある話。教育と言う話だけれど、筆者はこの世界に40年以上関わっている。

  3. 日本の教員養成課程の教育

    オンライン英会話の話に関係するものとして、日本での教員研修について少し説明してみよう。筆者も幼稚園教員として働いたことがあるから(教育学科卒後すぐに3年ほど)、教育学科の授業や実習などたっぷり経験した。それをかいつまんで話すと...まず、教科が半端ではない。

  4. レッスン中、話を聞き続けることは難しい

    前回、フィリピン人の先生がおしゃべりすぎるという話をした。このことは、「英語でしゃべる」力を伸ばすための指導としては好ましくないのだが。ついつい先生はしゃべりすぎてしまう。ま、それは良い。(良くないけれど、仕方ない....その理由だが...いや、よく分かるんだなこれが。

  5. ホームベース教員を育てるには

    ホームベースの教員を育てるのはなかなか大変だ。まず、時間を守ってもらわないといけないのだが、これについては前回述べたようにいろいろ工夫すれば可能になる。次は、指導方法だ。つまり、どのような受講生にどのように教えるか。教材をどう使うかの研修だ。

  6. 多数の会社の参入と差別化、その問題

    オンライン英会話スクールは現在いくつくらいあるのだろう。これについては統計がないのでまったく分からないが、フィリピン人の友人と組んでやっているような個人のスクールから、将来性を見込んで参入した大手企業がやっているところまで...どのくらいあるのだろう。百や二百では利かないだろう。

  7. 安すぎるオンライン英会話スクールは怪しい?

    オンライン英会話をしない人々もさまざまだが、英会話に関心がある人の中でもオンライン英会話に関心を持たない人がまだまだ多い。好奇心の弱さ、あるいは過度の慎重にあるというのが一つ理由だろうと述べてきた。しかし、まだまだ他にもある。今回はその二つ目の理由。

  8. パターンを覚えて文を作る練習をするだけでは英会話は不十分

    さて、英会話初心者の指導だが、ここはとても難しい分野だ。重要なのは、「自分の言いたいことを」「何とか言葉をつないで」言えるように指導することなんだ。日本の英会話スクール、あるいはオンライン英会話スクールで多いパターンは、「文型を覚え、それを応用する」というパターンだ。

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る