中学校

  1. 中学生の英会話指導の困難

    中学校に英会話を導入することを考えて、ASET School を立ち上げた。まだまだ道は途上だ。学校導入の困難さもさることながら、中学生マンツーマン指導の最大の難所が、中学生の語彙力、文章知識の乏しさだ。それは、中学校の英語の教科書を見れば分かる。

  2. 英会話が授業で重視されない理由:日本の教室事情

    日本の中学校や高等学校で英会話があまり重視されない理由として最も大きいのが、「受験英語」では、英会話が必要ないということだ。それ以外にもいろいろある。中学校、高等学校内部の内部事情としては、英語の教員が英語を話せない...と言うこともある。

  3. なんで理解が中心の授業になるか:環境の問題

    日本の中学校や高等学校の英語教育が理解中心にならざるを得ない理由がある。まず、日本では英語と触れる、あるいは英会話をしなければならない環境がない。具体的に考えてみよう。日本の街を歩いて注意して見ればすぐに分かるが、「英語の表示」がほとんど無いのである。いや、無いことはないのだ。

  4. 日本の中学校での英語教育の実際、理解して覚えて

    筆者は心理学、それも教育心理学、発達心理学と言った辺りが専攻なので、子どもの学習の特性、知的な発達の特性 (などなどと言えば小難しく聞こえるけれど、よーするに、「どうしたら学力が上がるかな?」とか、「何で、この子はこの問題がわかんないんだろう」と言うこと)について研究してきた。

  5. オンライン英会話の未来について:とりあえず最終回

    オンライン英会話の発生から発展、その運営のいろいろについて書いてきた。すべて述べた訳でもないけれど、いつまでもだらだら話を続けるのもなんだから、この辺りで一つ終わりにしよう。オンライン英会話という、「新時代の学習スタイル」が日本で始まって、もう10数年以上になる。

  6. 外人に電車の案内を聞かれて、中学校の英語でも役に立った。

    本文 ----------------------------------------------------------------------------------------私が学校行事で箱根に行った時のことです。

  7. 中学校で、先生にできる子と比較され、英語が嫌いになった。

    本文 ----------------------------------------------------------------------------------------私の母校の中高は英語に力を入れている学校なので、中1からガンガン授業が進められました。

  8. 小学生の時、英語教室が楽しくて英語が好きになった

    本文 ----------------------------------------------------------------------------------------私は小学生の頃、少ししか日本語が話せない外国人の方が先生でゲームをするという習い事をしていました。

  9. 小学校の頃、英会話スクールに通っていたけれど今は話せない

    本文 ----------------------------------------------------------------------------------------○○英会話スクールで小学校の頃、英語を習っていました。そこでは歌で単語を覚えました。

  10. オンラインスクールは、学校教育への導入が困難だ

    オンライン英会話を日本の学校に持ち込もうとした。でも、失敗した...という筆者の経験。なぜ失敗したのか...いろいろな理由がある。何よりも、教材が無かった。その当時のオンライン英会話スクールでは、それぞれの教員が自分で準備した文や写真などを見せて「自由会話」するだけなんだ。

ページ上部へ戻る