フィリピン人

  1. フィリピン人のワークスタイル

    まあ、人を雇って働かせるということは、オンライン英会話の会社に限らず、どこでも難しいことだと思う。特に、海外で事業を展開すると、日本人の考え方では通用しない場面がたくさん出てくるから余計難しくなる。日本の場合は、就職した会社に忠誠心のようなものを持つことが多い。

  2. オンライン英会話の先生はいい加減...?

    外国企業などで、フィリピン人であってもきちんと働いているのに、オンライン英会話スクールの先生は、時にはいい加減な人がいる...と話してきた。これは、筆者の勝手な思い込みではない。それは、以下のように経験からきたものだ。

  3. フィリピン人は、会社の対応によってきちんと働く

    「いい加減」だと言われるフィリピン人も、会社のやり方次第ではきちんと働く。これはいくつかの事例から十分に想像がつく。まず、日本に来たフィリピン人だ。彼らは、さまざまな職種(言葉の壁があるので、レストランとか工場など、単純作業がが多い)につくのだが、そこで、一応きちんと働くのだ。

  4. フィリピン人に対する偏見とその解消

    前に、偏見を解消するための方法を書いたが、ま、それなりに効果はある。ASET Schoolでは、毎回のレッスン後に教員がレッスンの評価を送る決まりになっている。評価と言っても簡単なもので、時間通りに連絡が来たかどうか、内容はどうだったかなど尋ねるものだ。

  5. 親子のつながりが深くなる理由

    これは、ちょっと難しい問題になる。本当ならば、文化人類学や民俗学、歴史、地理などの文献を当たって口を開くべきなのだが...ま、個人の随想的ブログだ。 いい加減な推測だけれど、聞いて下さい。

  6. 深い家族のつながり、家族が一番大切

    「仕事よりも家庭が大事」ということで仕事を休むフィリピン人のことを日本人は「だめじゃん」と思う人が多いだろう。でも、考え方なんだなぁ。実は、日本人は世界でもまれな「仕事中毒」なのだ。いや、平均労働時間やその他の統計では日本よりも長い国もあるし、韓国や中国ではもっともっと働く人も多い。

  7. 仕事よりも家族が大事

    オンライン英会話を受けることで、それまでフィリピン人に偏見が無かった人が偏見を持つようになった...これはあり得る。ASET School では、教員のレッスン開始時間については厳しく注文をつけている。だから、ほとんどの教員がオンタイムでレッスンを開始している。

  8. フィリピン人への偏見助長するオンラインレッスン

    オンライン英会話のもたらした問題としては、先に挙げたような「英会話恐怖症」などの他にもいろいろある。今回は「偏見の助長」という問題。フィリピン人に限らず、途上国の人はあまり時間に正確ではない。

  9. フィリピン人の発音の善し悪し:偏見が生まれる理由

    フィリピン人の発音は欧米人ほど正しくないしきれいでもない...この偏見の壁は極めて強固だ。それがオンライン英会話スクールの普及にはマイナスの効果をもたらしていることは想像がつく。ま、それも無理のないところがある。

  10. 安すぎるオンライン英会話スクールは怪しい?

    オンライン英会話をしない人々もさまざまだが、英会話に関心がある人の中でもオンライン英会話に関心を持たない人がまだまだ多い。好奇心の弱さ、あるいは過度の慎重にあるというのが一つ理由だろうと述べてきた。しかし、まだまだ他にもある。今回はその二つ目の理由。

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る