フィリピン人教員

  1. レッスン中、話を聞き続けることは難しい

    前回、フィリピン人の先生がおしゃべりすぎるという話をした。このことは、「英語でしゃべる」力を伸ばすための指導としては好ましくないのだが。ついつい先生はしゃべりすぎてしまう。ま、それは良い。(良くないけれど、仕方ない....その理由だが...いや、よく分かるんだなこれが。

  2. 体験的知識の相違という...超えがたい壁

    英語がある程度以上話せる人にとってオンライン英会話スクールは利用価値が高い...のだが、そこにはいくつか問題がある。その一つが「知識」という壁である。

  3. 偏見の解消のために、きちんとしたレッスンを実施

    親子や家族のつながりが深く、家族が何よりも優先する...そのために、仕事よりも家族が優先され...その結果、「フィリピン人はいい加減だ」という偏見が生じるということを書いてきた。

  4. 英語をさび付かせないために

    が日本国内の英会話スクールとは大きく異なるオンライン英会話スクールの特徴は、自宅でレッスンを受けられることと極めて安いことである。この内、前者はskypeという無料電話ソフトの普及によって実現した。また、フィリピン人の先生にレッスンを担当させることで費用を抑えることが可能になった。

  5. おしゃべりな先生たち

    フィリピン人の先生は普段から英語をしゃべっているので(あ、誤解ないよう付け加えると、彼ら、彼女らは日常生活ではタガログ語をベースにしたフィリピン語で話している)、英語で話すときに平気で長い文を話すという傾向がある。

  6. ホームベース教員の研修は必須、日本人の理解を高める

    さて、オンライン英会話スクールで働くフィリピン人教員の訓練について、ASET Schoolでやっていることなども混ぜながら考えてみよう。まず、第一は、日本人についての理解だ。これは、とても大事なのだが、何しろ他の国のことだ、なかなか理解が難しい。我々だってそうだ。

  7. しゃべるのが早い先生たち:なかなか修正が難しい

    オンライン英会話スクールの先生が普段から英語を話していて、ついその調子でペラペラとしゃべってしまう。そのために初心者には全然聞き取れない。だから、ゆっくり一文ずつ話すように指導するのだが、それがなかなか徹底しない。彼女らなりに気をつけてゆっくり話しているのだが...つい早くなる。

  8. 深い家族のつながり、家族が一番大切

    「仕事よりも家庭が大事」ということで仕事を休むフィリピン人のことを日本人は「だめじゃん」と思う人が多いだろう。でも、考え方なんだなぁ。実は、日本人は世界でもまれな「仕事中毒」なのだ。いや、平均労働時間やその他の統計では日本よりも長い国もあるし、韓国や中国ではもっともっと働く人も多い。

  9. ホームベース教員の問題:管理も訓練も十分にできない

    ホームベース教員を雇うやり方は、「ビジネス」としては優れた方法だ。何しろ必要経費が極めて安い。レッスン分だけしか払わないので人件費が安い。コンピュータやインターネットなども、教員が自前で引くので、固定費もかからない。良いことずくめだ。

  10. 長い長い文...日本人の英会話初心者には理解困難

    フィリピン人の先生は、普段から英語を使っているので、ぺらぺらとしゃべる。難しい言葉(つまり、日常的なこなれた表現)を使う。日本人の初心者にはとっても分からない。これが、オンライン英会話嫌いを作る一つの原因だ。もう一つ、長い文を使うということがある。

ページ上部へ戻る