フィリピン人教員

  1. 初心者、中学生指導の困難 (1) 教員の難しい言葉

    日本的な英会話初心者は、英語の知識はそこそこあるけれど、英会話はまったくできない...と言う不思議な初心者だ。このような初心者の指導は難しい。何しろ、フィリピン人教員で日本語が話せるものはほとんどいないのだから。英会話ができない日本人に日本語で説明することができない。

  2. 初心者英会話: 日本人のYes, Noの使い方と「分かったふり」

    日本人は、分かっていなくても「分かった」ふりをする...と言うことに関係して、日本人的"Yes"と"No"の使い方がある。これは、実は、初心者独特のものではなく日本人独特のものだ。この点をちょっと考えて見よう。二人の人が、ある字について、会話している。日本語でのやりとり。

  3. 初心者の英会話学習について: 日本の初心者は初心者?

    「初心者」という言葉は、どの分野でも使われる。文字通り、「初」=「現在まで経験なし」 という意味だ。新しいことを始めたら、誰でも初心者だ。将棋の初心者、テニスの初心者、ギターの初心者...フム、「勉強の初心者」とか「ボランティアの初心者」などは、あまり聞かないな。

  4. オンライン英会話:レッスン時間を守るフィリピン人の先生

    日本人の持つ途上国のイメージはどんなものだろう。一人一人異なってはいるだろうけれど、タイやベトナム、インドの田舎のイメージ...が多いのではないだろうか。しかし、現在では、インドや東南アジア、中国などは、都市部では日本とほとんど変わらない風景になっている。

  5. オンライン英会話:英会話教員の資格は? 訓練は?

    英会話の先生は、発音が良く、英語の知識をきちんと持っていることが必要だ。しかし、「とんでも先生」がいると言う話を良く聞く。なぜそうなるかというと、英会話の「先生」には、きちんとした基準がなく、どこでも、適当に採用しているからだ。いや、実際には、どの大学、英会話学校もそれなりの基準はあると思う。

  6. オンライン英会話:英語の知識の貧しい「英語教員」

    前回、英会話教員の英語の発音について述べた。結論を繰り返すが、「発音の悪い英語教員はたくさんいる」と言うことだ。特に、大学などで働く英語教員には多い。英会話学校の先生だって、いくらでも応募のある大都会、東京や大阪なら、「発音の良い」教員だけを採用できるだろう。

  7. 英会話教育の効果について:教育の専門家って?

    教員というのは、何かを、他の人に「教える」ことで生活している人々だ。だから、教える内容については熟知していなければならない。ま、それは当然。ところで、教えるということは、一人でぶつぶつつぶやいていれば良いのではない。(いやいや、大学にはそういう先生が結構いらっしゃる。

  8. 英会話教育の効果について:教員の質と言うこと

    オンライン英会話スクールを始めて6年目。さまざまなことを考え、このブログで書いてきたけれど、今回は、「教員の質」というやや難しい...いえいえ内容が難しいのではなく、現役教員が書くのは...なかなか抵抗がある話。教育と言う話だけれど、筆者はこの世界に40年以上関わっている。

  9. レッスンスキップ可?それでも苦情が出ない?

    レッスンの時間になりました。skypeを立ち上げ先生からの連絡を待ちます...先生から連絡が入ると、画面に呼び出しアイコンがポンと現れます。それをクリックすると..."Hello, ***, Can yu hear me?" 明るい先生の声が聞こえてきます...レッスンスタートです。

  10. 受講生の評価を利用した研修

    受講生さんの評価は、基本的な項目で3段階評価をすることになっている。時間通りに連絡が来たかどうか、レッスンのやり方はうまいか下手か、インターネットの状況はどうかの3つだ。そして、それに加えて、自由記述欄がある。ここがとても参考になる。

ページ上部へ戻る