※ このページの体験談を引用されるのは自由ですが、必ず URL を記載なさって下さい。


性 別 英語・得意不得意 英会話・授業 英会話力
女子 とても苦手 あまり楽しくなかった とても苦手
英会話・好き嫌い 英会話学習年 週の英会話授業数 オンライン英会話
やや嫌い 2年間 週に1回 聞いたこともない

中学校 高等学校での英会話授業 : 高校での英語の授業は多かったけれど、英会話の授業はあまなく英会話は苦手
 高校時代、英語の授業はかなりおおくあり、週4回程度やっていました。1・2年生に英会話まではいかないが、簡単な会話を先生が話して、きいて、というような感じでした。リスニングは3年間通して結構やっていたほうだと思います。しかし、実際使っていたこともなく、使えるような内容ではありませんでした。私自身、英語を勉強することは嫌いではなかったのですが、会話になると少し苦手意識が出て、あまり好きになれなかったのが正直な気持ちでした。
 私は外国人の方と話しをし、ある程度の英会話は話せるようになりたいとはずっと思っていて、英語の授業は真面目に受けていました。特に英会話を習っていたわけでもなく、本格的な英会話の授業もなかったため、今まで苦手なままです。小学校・中学校までは外国人の先生が来て、話す機会があったのですが、高校では外国人の先生がひとりもおらず、日本人の先生だけだったので、少しゆるい部分もありました。なので、みんながみんなちゃんと授業を受けて理解しているだけという感じでした。質問するのにも日本語、説明を聞くのも日本語、なんだか自然と英語を話す機会が減った気がしました。もっと、ただ英語をやるだけではなく、外国人の先生が一人くらいいるところで英語と接することができたのではないかと思いました。
 受験勉強をするにあたって、英語が一番苦戦しました。苦手なうえに勉強の仕方がわからず、ただひたすら文法問題を解いて読解をやってという感じでした。その読解の中でも会話文がでてきて、全然できず悔しいおもいをしました。この会話文の元となっているのは、英会話であり、それをふまえて解くような形だったので、しっかりと英会話を習いたかったなと強く思いました。
 大学に入学してからの英語の授業は、外国の方が先生だったので、最初は本当に話せるのか、理解できるのか不安ばかりでしたが、授業を何回も受けてゆくうちに英語が自然と耳に入ってくるので慣れてきてだんだんと理解できるようになりました。高校の授業のなかでも大学のように英語が自然と触れる機会をもっとつくっていけたら、高校だけでなく、小・中学校からでも、もっと多く英会話を触れ合える機会を作っていくことが大切だと思います。


Copyright (C) 2012 ASET School All rights reserved.