※ このページの体験談を引用されるのは自由ですが、必ず URL を記載なさって下さい。


性 別 英語・得意不得意 英会話・授業 英会話力
女子 やや苦手 あまり楽しくなかった やや苦手
英会話・好き嫌い 英会話学習年 週の英会話授業数 オンライン英会話
まあまあ好き 2年間 週に1回 聞いたことがある

中学校 高等学校での英会話授業 : 英会話授業体験:授業はあったけれど英会話は初心者
 私の高校での英会話の授業は、オーラルコミュニケーションという名前でした。その授業は1週間に1〜2回で2週間に1回ほどの頻度で外国人の先生がいつもの授業をしてくださっている先生と一緒に来ます。その外国人の先生が来た週(授業)は、基本、外国人の先生が授業をしました。その先生が日本語を話すときはほとんど無いので、どうにかして自分で先生の意図を理解しなければならない授業でした。だから、英語が苦手な私には、先生の言っている意味が理解できないことが多かったので、普通の英語の授業以上に面白くなくて、好きではありませんでした。
 授業の内容に関しては、外国人の先生と1人ひとり一対一で話すということは無く、プリントを配られて、その説明を外国人の先生が行い、自分達で問題を解き、その途中に先生がヒントや注意点を話すというのが主でした。解き終わって先生が英語で解答、解説を教えてくれる、という形でした。
 外国人の先生は半年〜1年という短期間しか学校にいない先生がほとんどでした。だから、先生が初めて授業する時から約3回は、先生の出身国について先生から教えてもらったりして、勉強することが多かったです。授業形態は、プリントでクイズ形式でした。ですから、私たちのクラスの人はほとんど英会話は初心者でした。
 私のクラスは週に1〜2回ほどしかオーラルコミュニケーションの授業はありませんでしたが、外国語科のクラスの人たちは、私たちより圧倒的に英語の授業も多く、オーラルコミュニケーションのような授業もたくさんありました。また、英語だけでなく、その他の国の言葉フランス語、ドイツ語などを学んでいました。オーラルコミュニケーションの時間が多いだけあって、私たちとは比べものにならない位、外国人の先生と楽しそうに、しかも積極的にお話していることが印象に残っています。よく、そういった場面を休み時間などに見かけるたびに、英会話できるって、いろんな人と会話ができて、コミュニケーションがとれて、世界が広がっていいなあ、自分も、そんな風に話せるようになりたいなあと思っていました。


Copyright (C) 2012 ASET School All rights reserved.