※ このページの体験談を引用されるのは自由ですが、必ず URL を記載なさって下さい。


性 別 英語・得意不得意 英会話・授業 英会話力
女子 普通 楽しかった やや苦手
英会話・好き嫌い 英会話学習年 週の英会話授業数 オンライン英会話
やや嫌い 1年間 週に1回 知っている

中学校 高等学校での英会話授業 : まともな授業だったけれど力は着かなかった
 私の高校では高校一年生のときにオーラルコミュニケーションというものがありました。外国人講師が週に一度一時間やっていました。私の学校は英語に力を入れている学校だったので、英語選択クラスというものがあり、普通のクラスと英語選択の英会話の授業は違うものでした。私は普通クラスだったので、教科書の英会話や、先生と会話をしたり、楽しい授業でした。
 内容としては、道案内や基本的な生活で使う英会話だった気がします。ハロウィンの時は仮装してハロウィンパーティーを英語の授業を混ぜながらやったりしました。先生も仮装していて、英語のゲームや英会話のクイズに正解したらお菓子をもらえるというようなものでした。
 テストは先生と一対一で対話するものでした。やはり外国人の方だったので流暢で難しかった覚えがあります。そのテストは事前にどんな質問をするのかなど予告はされていました。
 DVDを見る授業もありました。洋画やディズニーの映画をみたりしました。
 英語選択クラスでは本格的なリスニング等をやっていて、レベルの高いものでした。テストも一対一という形式は同じでしたが、自分のことについて話すなど一つ一つ話すことなどが長く難しかったようです。リスニングの練習もしたといっていました。リスニングに関しては、高2も高3もreadingの授業でやりましたが、英会話は一年生だけでした。
 普通のクラスに関して、英会話は外国人講師と楽しくやるみたいなものだったので、正直身になった感じはしません。高1のときのTOIECのベーシックのようなものを受けましたが、リスニングの点数が全然とれませんでした。
 英語選択クラスは最終的に英語に関してかなりレベルの高いものでしたし、交換留学生が来た際も英語で普通にコミュニケーションがとれていました。でも、オーラルコミュニケーションの授業は外国人講師の方もフレンドリーだったし、とても楽しかったので好きでした。


Copyright (C) 2012 ASET School All rights reserved.