※ このページの体験談を引用されるのは自由ですが、必ず URL を記載なさって下さい。


性 別 英語・得意不得意 英会話・授業 英会話力
女子 とても苦手 全然楽しくなかった やや苦手
英会話・好き嫌い 英会話学習年 週の英会話授業数 オンライン英会話
とても嫌い 3年間 週に3回以上 聞いたことがある

中学校 高等学校での英会話授業 : 高校英語の授業が多くてとても辛かった
 私の高校は英語に大変力を入れている学校でした。毎日英語の授業がありました。
 授業は3種類あり、リーディング、ライティング、オーラルコミュニケーションの3つです。これらすべての授業は英語で行われました。正直英語で授業されるのはついていくのが大変で何を言っているのか、何を教えているのかわからない時がたくさんありました。ですから日本語で分かりやすく教えてほしかったのが本音です。
 また、毎回の授業で予習をしてきたかチェックされ、やってこないと教師に怒られました。私は怒られたくなかったので毎回予習をしました。確かに英語の予習を毎回するので自分のタメにはなりますが、怒られないように予習をしていただけといっても過言ではありません。
 また課題も多く出ました。毎週の週末には英語の宿題いくつか出て、また、重要単語の暗記とテストがよくありました。とにかく毎日が辛く本当に英語が嫌いでした。
 暗唱テストも先生が読んだ文を紙に書き、それを暗唱するテストです。合格点にたっさないとすべて暗唱できるようになるまで放課後残されました。自分で単語ノート作り何百個もある単語を全部暗記して、その中から5分の1くらいしか出ないという厳しいなテストもありました。このテストも点が悪いと再テストを受けさせられました。
 これ以外にも、ほぼ毎回の授業で単語テストがあり、これも業苦点に達さないと居残りをさせられました。私は英語が苦手だったのでこれらの課題にやっとのことでついていき、自分なりに精一杯勉強しましたが、ほとんどのテストが再テストや居残り、時には怒られるという状態でした。
 定期テストも英語で全て書かれ、問題も難しく、私はいつも赤点なのが当たり前でした。

 このように英語はとても辛い3年間でした。確かに、英語に触れている時間はとても長かったように思います。しかし、今ある私の英語の知識は初心者レベルです。やはり学ぶからには何事も楽しく学んだ方が力になると思います。教師が生徒をおどすようなやり方では生徒はただおびえてついていくだけだと思います。しかし、辛い課題をこなしたことによって精神的に強くなれたと思います。それは感謝したいです。


Copyright (C) 2012 ASET School All rights reserved.