※ このページの体験談を引用されるのは自由ですが、必ず URL を記載なさって下さい。


性 別 英語・得意不得意 英会話・授業 英会話力
女子 まあまあ得意 普通 普通
英会話・好き嫌い 英会話学習年 週の英会話授業数 オンライン英会話
普通 1年間 週に2回 聞いたこともない

中学校 高等学校での英会話授業 : オーラルコミュニケーションという名前の授業だったが文法の勉強をした
 私の高校では、英語(リーディン)の授業のほかに、オーラルコミュニケーションという授業がありました。このオーラルコミュニケーションでは、英会話をするというよりは基本的な文法や語法を学んできました。英文法をたくさん解き、力をつける形式でした。そのほか、発音練習やリスニングも行ってきました。また実際に外国人の先生が学校にいましたが、自分たちは教わっていませんでした。今までの英語の授業の中で、英会話を徹底して行うということは体験したことがないと思います。自分も英会話が下手、話せない日本人の一人だと思います。

 現在の日本人の英会話下手を少しでも解消するために、小学校などでも英会話教育が始まったと聞いたことがあります。私も小学校ではALTの先生(外国人講師)に英会話を教わるということを体験しました。しかし、小学校レベルに過ぎません。そのため、ある程度知識を身につけている高等学校の過程で、英会話の教育を行うべきだと思います。

 私の高校ではオーラルコミュニケーションでしたが、英語(リーディング・ライティング)の他に時間をもうけ、英会話授業を進めていいと思います。もちろん文法や語法を学び身につけることはたいせつです。しかし、身についた知識をそのままにしていては、せっかくの知識が無駄になってしまうと思います。無駄にしないためには知識や英語力を利用して、実際に会話し、実践することが効率的なのではないでしょうか。

 また、せっかく外国人教師が学校にいるならば、できるだけ多くの生徒が交流でき、学べる環境を作るといいと思います。実際に私の高校でもそのような環境が確立していればよかったなと思っています。そのような高校の英語教育でしたが、大学にきてからほぼオールイングリッシュの授業を受けています。まだまだ慣れることはできませんが、聞き取ることも今の自分にはなかなか困難なのが事実です。この面に関しても、高等学校でもっと英語力をつけておくべきだったのではないかと思いました。少しでも今の教育方法が改善され日本人の英会話力が高まればいいと思います。


Copyright (C) 2012 ASET School All rights reserved.