※ このページの体験談を引用されるのは自由ですが、必ず URL を記載なさって下さい。


性 別 英語・得意不得意 英会話・授業 英会話力
女子 とても苦手   とても苦手
英会話・好き嫌い 英会話学習年 週の英会話授業数 オンライン英会話
やや嫌い なし なし :聞いたこともない

中学校 高等学校での英語授業 : きちんとした英会話の授業でなくて力が着かなかった
 私の高校では学年に上がるごとに先生が変わり、その先生によって英語の授業が違っていた。
 1年生の時は、文法を重視する先生で、文法中心の授業だった。例えば、教科書の文章をすべて文法で分解したり、文法の参考書の中身を写したりした。
 2年生の時は日本人の先生だったが、授業は全部英語だった。授業の内容は、教科書内容について英語で質問して、先生がそれに英語で答える感じだった。私がこの授業で特に大変だったことは、教科書の新しい単元に出てくる新しい単語を入れて作った先生オリジナルの文章を訳さなければいけないことだった。先生が作った文章なので、教科書ガイドのような本がないので訳すのがとても難しかった。私はいつも当てられないことを願いつつ、辞書でひたすら単語を調べてプリントに書き込んでいた。
 3年生は、聞きたくなければ聞かなくていい。友達と話をするくらいなら寝ていろというスタンスの授業だった。寝ていても内職していても減点はなかったし、テスト前になると出る問題と答えを教えてくれるので、全く英語の勉強をしなくなった。(1,2年生の時は、当てられたりしたが、3年生は、先生が1人で授業をしている感じだった。)
 この3年間英語の授業をしてきて、中学生の時より英語の学力が低下したと思う。文法も単語も中学生の時の方が覚えていたし、理解もしていたと思う。なぜなら、上記のような英語だと、その場だけ頑張ればいいだけで、何も自分の身になるものがなかったからである。もし私が努力すれば、結果は変わったかもしれないが、私にはそれができなかった。なので、今の大学の授業がとても辛く感じている。
 一人の英語の先生は海外旅行の時の体験などを話してくれた。私はその話を聞いて自分も海外に行ってみたくなり、友達と海外旅行に参加したことがある。そこでは、ほとんど話せなくジェスチャーでの会話になってしまったが、その時から、英会話を学びたいと思うようになった。


Copyright (C) 2012 ASET School All rights reserved.