※ このページの体験談を引用されるのは自由ですが、必ず URL を記載なさって下さい。


性 別 英語・得意不得意 英会話・授業 英会話力
男子 やや苦手 普通 普通
英会話・好き嫌い 英会話学習年 週の英会話授業数 オンライン英会話
普通 1年間 週に2回 :聞いたこともない

中学校 高等学校での英語授業 : 英会話の授業は楽しかった。留学もしたい
 私の高校では、英会話の授業が、週に2回ほどあり、普通の英語の授業も週3回と、他の高校と英語の授業の数は違うと思います。
 週に1度、外人の先生が授業をしていて、その授業では、英語しか使わないといった授業スタイルでした。教科書を使い、英文を先生が読み、その言った英文を、私たち生徒が復唱していました。英語しか使っていませんでしたけど、外人の先生は、わかりやすい単語で授業をしてくれるので、理解できないことはありませんでした。
 しかし、外人の先生の早く話すと、発音がわからないこともあり、聞き取れないこともありました。聞き取れないときは、手を上げて、アピールをしました。アピールをすると、外人の先生は、スピードのはやさを、ゆっくりにしてくれるので理解できないことはありませんでした。
 週に1回の英会話の授業で、授業のはじまりに、一人が当てられてみんなの前に立ち、1分間、最近あったことについて、英語でスピーチするというのがありました。英語で話すので、前日に、文章にして、カンペを作り、それを見ながらスピーチをしました。スピーチが終わると、最近あったことについて、質問されます。質問も英語でした。それを答え終わると、ようやく終わりです。
 私の高校では英語に力をいれていたので、このようなスピーチや留学を勧めていました。
 私は留学しませんでしたけど、交換留学生で来た外人の生徒と仲良くなり、英語を話すことがあったので少しずつですが、英語が身に付いたと思います。
 留学に行った友達は、英語がペラペラになって帰ってきて、外人の先生と普通に会話していて、留学はするべきだと感じました。
 もう一回、英会話の授業があるならば、スピーチの内容はその場で考え、発表できるレベルにまで到達したと思いますし、私の高校での英会話の授業は身になったと考えています。
 大学で、留学する機会を自ら作りたいと考えています。楽しく英会話ができる授業でした。


Copyright (C) 2012 ASET School All rights reserved.