※ このページの体験談を引用されるのは自由ですが、必ず URL を記載なさって下さい。


性 別 英語・得意不得意 英会話・授業 英会話力
男子 やや苦手 あまり楽しくなかった とても苦手
英会話・好き嫌い 英会話学習年 週の英会話授業数 オンライン英会話
やや嫌い 3年間 時々 聞いたこともない

中学校 高等学校での英会話授業 : ALTの先生の授業の時だけちょっと英会話をした
 1年生の時は中学校の授業の復習として道を尋ねたり、名前を聞くなどの簡単な英会話を行いました。2人1組になって行っていました。中学生の復習が終わると、高校の授業に入りました。また、教科書の内容を使った内容だったのであまり英会話の授業ではなく、読解や文法を暗記することが多かったと思います。たまに文法を使った英会話を取り入れていました。ALTの先生が来る授業の時は英会話が多かったと思います。ALTの先生、英語の先生、生徒でゲームのような事をして会話をしました。英会話の授業の時はプリントが配布されたので、あまり自分で考える事は少なかったと思います。
 2年生の時は文法を覚える事が多く、英会話の授業はほとんどありませんでした。文法を覚える本を使い、自分で一つの文を作り発表をしていました。しかし、読解問題の発表では英語での発表をしていました。2年生の時のALTの先生は、授業中は日本語の説明はあまり使わずほとんど英語だったので、英会話をすることが多かったと思います。英語しか使われない授業だと英語の苦手な人は理解できずに、つまらなそうな感じでした。私も苦手だったので楽しいとはあまり思えなかったのを覚えています。
 3年生の英語の授業では大学入試に向けた過去問を解いていたのを覚えています。日本語での読解だったので、英会話はまったくありませんでした。3年生のALTが来る授業では3年間の中で最も英会話が多かったです。英語になれた人もいて、上手ではないが英語でALTの先生と話をしていました。問題を解いていても質問するときも英語で理解しにくい時は少し日本語を混ぜながら会話をしていました。全くわからない人には日本語で説明していました。
 簡単なお題を使ったディベートも行っていました。ディベートをする時は、すべて英会話でした。小さなグループをいくつも作り、その中で自分の案を英語で話し合いました。グループによって日本語を織り交ぜながら話し合いをしました。この後グループでの代表が意見をまとめて、発表をしました。その発表にALTの先生が英語で質問をしたり、相槌をうっていました。代表になるのは英語がうまい人ばかりだったので、ALTの先生はその人とばかり話していました。
 私の高校を3年間見てみると実用的な英会話の授業は少なく、文法を覚えるための英会話が多かったと思います。だから、一部の人を除いてみんなうまくならなかった思います。


Copyright (C) 2012 ASET School All rights reserved.