※ このページの体験談を引用されるのは自由ですが、必ず URL を記載なさって下さい。


性 別 英語・得意不得意 英会話・授業 英会話力
女子 普通 楽しかった  普通
英会話・好き嫌い 英会話学習年 週の英会話授業数 オンライン英会話
まあまあ好き 1年間 週に1回 :聞いたこともない

中学校 高等学校での英語授業 : ALTの先生がいろいろ工夫してくれて英会話の授業は楽しく、力もついた
 一番最初の授業ではALTの先生の自己紹介をクイズ形式でやったのを覚えている。先生の趣味などを紙に丸とばつで予想し、後でどれくらい合っているか友達と見せ合ったり、一番多く当たるとご褒美がもらえたりした。ハロウィンなどのイベントの時などはALTの先生ともう一人の英語の先生が一緒に授業をし、いろいろなクイズをしたり、生徒同士で会話の練習をしたり、歌をうたったりすることもあった。外国の映画を日本語の字幕つきで何週も見たこともあった。後半の授業はほとんど映画だったと思う。
 定期的に小テストがあり、日本語を英語に直す問題だった。簡単な会話文の問題だった。またSHOW&TELLを最後のほうの授業でやった。自分の趣味や一番大切なものについて先生とクラスの人たちの前で発表した。3分くらいの発表のあと、ALTの先生がその発表について英語で一つ質問をし、発表者はその質問に英語でこたえた。発表を聞く人も、ただきいているのではなく、プリントに一人ずつ発表者の評価をした。評価の基準があり、声の大きさや自分で書いた原稿を見ないでしっかり前を向いて発表しているか、などだったと思う。自分の一番大切にしているものは実際持ってきて見せながら発表した。一番最初にALTの先生が手本を見せてくれた。
 英会話の授業で良かったのは、ゲームなどで正解するとあめなどのごほうびをもらえたり、スタンプを押してもらえることだった。それでとてもやる気がでた。ハロウィンの時は、ALTの先生が今まで見たことのないような仮装で出てがとても面白かった。また、マイケル・ジャクソンなどの有名な歌の歌詞を解説してくれる授業はとても楽しかった。
 会話する時に、文をつなげて読む発音練習などもした。「アン、アップル」が「アナップル」などになるのはかっこよくて好きだった。外国の映画は、ハイスクール・ミュージックやスピードなど、とても有名な映画ばかりで日本語吹替版で何度か見たことがあったので、字幕で見ると、とても新鮮だった。SHOW&TELLは、友達の発表をたくさん聞くことができたのが勉強になった、先生の質問に答えるのは少しむずかしかった。もちろん、この授業とは別に普通の英語の授業もあったのが、、このような楽しい授業が別にあってとても良かったと思う。 これでずいぶん英会話力がついたと思う。


Copyright (C) 2012 ASET School All rights reserved.