※ このページの体験談を引用されるのは自由ですが、必ず URL を記載なさって下さい。


性 別 英語・得意不得意 英会話・授業 英会話力
女子 やや苦手 まあまあ楽しかった やや苦手
英会話・好き嫌い 英会話学習年 週の英会話授業数 オンライン英会話
普通 1年間 週に1回 :聞いた記憶がある

中学校 高等学校での英語授業 : 高校一年生で週1回、26人の少人数授業
高校の1年生のときに、週に1回授業がありました。オーラルコミュニケーションという授業名で、“OC”と呼んでいました。
 40人のクラスを名前の順で3等分して、そのクラスの3分の1のクラスを他のクラスの3分の1と合わせて、実質3分の2の人数で授業を行いました。
 先生は外部の外人の先生と、学校の英語の先生の2人で行っていました。主に外人の先生が授業を進め、英語の先生が少し補助をする感じでした。授業は、主に教科書とプリントでした。
 私が覚えている授業の内容は道案内です。教科書に外人が日本人に道を聞き、それを日本人が英語で答えるという英文が書いてあり、それをまず、外人の先生と英語の先生が2人で読んで道案内の再現を見せてくれます。それを私たちが見て、隣の席の人と道を聞く、外人役と道案内する日本人役を決めて教科書の英文を読みあいます。何回か練習して、何ペアかが全員の前で読みあいます。
 この流れが主な授業内容でした。たまに教科書の英文の会話文に穴あきがあって、その英文を外人の先生が読み、穴あきの部分を埋めるという問題を授業でやったりもしました。主に教科書の英文を読んで○×で答える問題などもありました。問題をやったら、一人ひとり回答を発表して答え合わせしていきます。
 私が覚えている中では、まず、道案内、ファストフード店での注文の取り方、洋服を選ぶ、買い物の仕方、飛行機内での食べ物のとり方などです。主に生活していく中での日常会話の練習でした。
 私のクラスでは1、2回程、外人の先生が変わりました。外人の先生は他の高校でも教えに行っているようでした。
 “OC”は中間テストはなく、期末テストだけありました。テストの内容は授業でやったことでした。英語の会話文の穴埋めや、○×問題などでした。全体的に平均点は高く、ほとんどの生徒は90点はとっていました。
 授業中、外人の先生は英語しか話さないので、今日はどういった授業をするのかなどは話してくれますが、ほとんどの生徒が英語なので理解できません。なので、英語の先生が日本語で簡単に訳して説明してくれます。授業はなごやかな感じで楽しい授業でした。


Copyright (C) 2012 ASET School All rights reserved.