ブログ

  1. 日本人の英会話初心者の特徴、メリットとデメリット

    英会話の初心者は、他のさまざまな分野の初心者とは違うと言う話しの続き。他の初心者は、本当に初心者。何にも知識や技術などが頭や身体に入ってきていないという状態。新鮮だし、何でも覚えようとする。英会話の初心者はそうではない。「英語」そのものはすでに知っている。単語や文法なども知っている。

  2. オンライン英会話の大きな功績は、「マンツーマン会話」の導入だ

    オンライン英会話が始まったのは10年前くらいだと思う。skypeが開発され、会社が作られてから後のことだ。この10年間でskypeは世界中に広がっていった。何しろ、インターネットでつないであれば、日本とケニアだって料金を気にせずに話しが出来るんだから。回線の質が良ければビデオ通話もできる。

  3. 英会話の初心者は「会話」だけが初心者なのだ

    初心者という言葉がある。初めたばかりの人という意味だね。では、「英会話の初心者」とは...「英会話を始めたばかりの人」という意味だ。 んなことは言わなくても分かる。問題なのは、「英会話」の「初心者」と言うことだ。 だって、日本人であればほとんどの人が英語の勉強を6年間はやっているはずなんだ。

  4. 情報化社会の新しい学習形態がオンライン英会話スクールだ

    日本にオンライン英会話スクールなるものが現れて10年近くになる。いや、もっと以前から小規模のものは合ったのだけれど、skypeと言う、コンピュータさえあれば、誰にでもすぐに使えるソフトの出現によって、現在のようなオンラインスクールが始まったわけで、それが10年前のこと。

  5. インターネットとコンピュータによるskype技術の開発

    「オンライン英会話」という言葉が生まれたのはいつ頃だろう。ま、「オンライン英会話」という言葉は別として、電話での英会話レッスンはずいぶん前からあった。

  6. 日本の英語教育の変遷とその欠陥:受験英語

    日本の英語教育をみていると、本当にその欠陥にうんざりさせられる。 言葉はコミュニケーションの道具だ。つまり、人と人とが、意志や感情、思考などを相手に伝えるための道具なのだ。自分の考えていることを相手に伝えればよいのである。

  7. 日本人の特性と英語教育、敵性言語から受験英語まで

    いろいろな国の人と付き合っていると、日本人の特性について思うことが多々ある。 挙げていくときりがないので、英語に関わる特性を述べる。 几帳面:細かいことまできちんとやらないと気が済まない。 外国人は概して大ざっぱである。

  8. 日本の地理的、政治的状況と英語への意識

    日本の英語が、そもそも文化を日本に輸入するための道具として始まったということを前回述べた。 英語教育史なるものがあるらしいのだが、私はその専門家ではない。もし、そういう専門家の方が私の文を読んで間違いを見つけたら、指摘していただければ幸いだ。

  9. 日本の英語教育の始まりは「英文を読む」ことだった

    英語の教育について考えている。 なぜ、日本人は6年間も英語を勉強していながら、英語が話せないのだろう。 理由はいろいろ考えられる。これからしばらく、このテーマで書こうと思う。 今回はその1回目だ。 [日本の英語教育事始め] 明治維新で日本は世界史でもまれに見る大変革を遂げた。

  10. 表象→英語、英語→表象の流れができないと英会話はだめだ

    前回述べたような文型練習を取り入れれば良いのだが、実は、今、それについて考えていることがある。 文型練習を取り入れることで表現力は広がる。うん、そうだろうね。それはそれで良い。だけれど、それがすぐに自分の言葉として表現できるようになるかどうかに、若干疑問があるのだ。

ページ上部へ戻る