ブログ

  1. 胎内環境が遺伝子の発現に与える影響について

    個性が生じる理由について、前回まで「遺伝」を中心に説明してきた。要約すれば、遺伝子が個人の特徴をほとんど決めてしまう...と言う、かなり極端な話。 ま、この点については後でもう少し詳しく説明して、ある程度修正しますので、もうちょっと我慢して付き合って下さい。 で、今回は胎内環境という話。

  2. 一卵性双生児でも全然似ていない場合があるのはなぜ?

    これまで、遺伝の影響は大きいので一卵性双生児は顔かたち、行動、性格などそっくりになるという話をしてきた。 ところが、必ずしもそうではない例もあって、顔かたちもかなり違うし、行動や性格も違う場合がある。

  3. 一卵性双生児は、異なった環境で育ってもそっくりになる

    さて、遺伝の話しの続きだが、今回はちょっと筋を変えて実例を挙げて考えよう。(理屈ばかりでは退屈なのでね) 一卵性双生児という兄弟がいる。みなさんも会ったことがあるだろう。普通の兄弟だと、どんなによく似ていてもはっきり別人だと分かるのだが、一卵性双生児は違う。とにかくそっくりなのだ。

  4. 染色体の働きと環境の影響が個性を作る...?

    前回までで、一人一人の染色体 ...それに含まれる遺伝子の組み合わせがいかに違うかわかっていただけたと思う。 このような染色体の違いが個性の違いを生む...ということは間違いない。親子であっても、兄弟であっても、多かれ少なかれ個性が異なる訳だ。

  5. 遺伝という現象の複雑さ、子どもは親とはとても異なっている。

    神経生理学と遺伝子の関係については前回までに、とりあえず話した。分かってもらえれば良いが、説明した方は自信が無いんです。分かっていただけるように説明できたかどうか.... 今回は、遺伝子がどのように伝えられるか。 「遺伝学」という分野の話。

  6. ドーパミン第四受容体の働きと好奇心の強さの関係

    さて、セロトニンやドーパミンなどの分泌量の相違が、その人の性格を左右する可能性について述べた。 で、それらの神経伝達物質の分泌、産出の個人差は、純粋に生理学の問題だ。肌の色の個人差は、心がけや体験によらないのと同じ。

  7. 個人差の出現する仕組み、脳内神経伝達物質

    個人差というテーマは、心理学では長い間研究されてきたテーマだ。古くは20世紀の初め頃、フランスのビネー(知能検査の創始者)などが、個人差の測定に関する研究などで取り上げている。かなり専門的な議論になるんだが、お許しあれ。専門的な話をしないと、この点をきちんと説明できないんだ。

  8. 個人差と学習効果の関係、英語の学習効果も個人差が大きい

    前回は、「操作」という発達の理論に基づいて、教育効果の限界を話した。このことは英語の指導においても同様なんだな。文の決まりを理解するには、やはり形式的操作期に入っていないとだめなんだ。文法を意識的に用い、現実の多様な英文をその構造に従って取り扱う能力は、形式的操作期でないとダメなのではないかと思う。

  9. 塾で伸びる子、伸びない子の違いは知的発達の時期の違い

    前回、小学生と中学生の頭の働きが切り替わるという話を書いた。 ここですごく大切なことなんだが、この頭の働きの切り替わりは、教育ではどうにもならないと言うことなんだ。 ピアジェによれば、このような頭の働きの切り替わりは、「均衡化」と呼ばれる、心内での自発的な過程によって生じると言う。

  10. 塾に行っても成績は伸びない?

    塾に行っても成績は伸びないという話の続き。少し、専門的な話をする。 筆者の専門分野の研究者に、スイスの心理学者ピアジェがいる。20世紀を代表する学者だ。心理学者と紹介したが、正式には哲学者、数学者、生物学者と言う方が正しい。あるいは認識論学者...かな。

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る