オンライン英会話スクールの過去と未来

  1. インターネットとコンピュータによるskype技術の開発

    「オンライン英会話」という言葉が生まれたのはいつ頃だろう。ま、「オンライン英会話」という言葉は別として、電話での英会話レッスンはずいぶん前からあった。

  2. オンライン英会話スクール出現の与えた衝撃

    オンライン英会話が発展し始めたのは skype の開発、商品化の始まった2000年代に入ってからだ。最初のスクールが出現した時は、英会話業界は恐らくショックや不安と共に、その影響を過小評価したに違いない。ショックの最たるものは、その価格だ、毎日25分受けて月に5000円。

  3. オンライン英会話を活用するには情報機器に詳しくないと...でも

    オンライン英会話スクールは、現在どれくらいあるか分からない。有名どころでは...他社の宣伝になるのは嫌だから名前は挙げないけれど、何とかに何とか、あれに、これ...と数十社はあるのではないだろうか。小さな個人営業のところは数知れず...数百社? 何しろ、現れては消えるなどで実態は分からない。

  4. コンピュータとインターネットが可能にしたオンライン英会話

    オンライン英会話は、現在急速に発展している。市場は大きいので大手もどんどん参加しているが、まだまだ余地はある。ASET School の未来も明るいと...うーん、がんばらないとね。ところが、このオンライン英会話、インターネットに頼っているために現在でもさまざまな問題がある。

  5. オンライン・レッスンで発生する情報機器の問題

    前回は、コンピュータが便利になって、かなりの人が自分でインターネットやskypeの設定までできるようになった ...で、オンライン英会話などをスムーズに利用できるようになったのだが...問題がないかと言うとそうでもない...と言う話をした。skype 一つとってもいろいろなトラブルが生じる。

  6. 最先端技術を利用したオンライン英会話スクールの弱点

    さて、skype の設定も無事終わりました。コンピュータは買ったばかりの新品、コンピュータの操作も十分にできます。はい、これで問題なくオンライン英会話のレッスンを受けられる...かな?たいていは問題なく受けられる。うん、ほとんど問題はない。

  7. 英語が得意な国の新しいワークスタイル

    オンライン英会話スクールの発展と問題について触れてきた。ここで、オンラインスクールの発展に伴う別な問題について触れよう。それは、フィリピン人教員の新ワーキングスタイルとしてのオンライン英会話スクール教員だ。フィリピンには大学が700くらいあると聞いた。うん、結構高学歴の国なんだ。

  8. ホームベース教員の問題というのは

    現在のオンライン英会話スクールはいくつかのカテゴリーに分類することができる。大規模、小規模、著名、無名、個人、会社、マンツーマン、グループ ...などなど。それらの特色と問題については、また項を改めて書こうと思う。その他にもう一つかなり重要な分類がある。

  9. オンライン英会話とクラウドコンピューティング

    オンライン英会話はごろごろ転がっていると言っていいほどたくさんある。それは当然だ。前にも述べた「第三の波」、アルビン・トフラーがいみじくも予言したように、「情報化時代」を象徴する仕事の一つなんだからね。つまり、情報機器があって始めて成り立つし、情報機器の特性をフルに利用しているということだ。

  10. オンライン英会話は今後流行するが、目立たないと運営できない。

    さて、オンライン英会話、現在の動向をこれから考えて行こう。元々オンライン英会話というのが始まったのは、さるスクールの主張では数十年前とのこと。ま、電話でやるレッスンならば確かに古くからあっただろうね。規模はうんと小さかっただろうし、個人で家庭教師的にやってもらっていたのだろう。

ページ上部へ戻る