フィリピンとオンライン英会話

  1. 直ぐ辞める先生、いい加減な仕事をする先生

    フィリピン人の悪口、ひいてはオンライン英会話学校の先生の悪口ばかり言っているようで、関係者の方々およびフィリピン人の先生方すみません。「すぐ仕事を辞める」というのは、日本人にとってあまり好ましいことではない。

  2. 教員養成の難しさ、辞められると困る...けど...

    オンライン英会話スクールを始めて3年。とっても発展が遅い。まだ生徒数が100人を超えたところだ。そらそうだ。 宣伝費をほとんどかけていない。 広告会社の人に聞いた話だが他のスクールで月に数百万円かけているところがあるそうだ。それも一社だけじゃないという。

  3. 家族が病気などになるとすぐにレッスンを休む先生

    フィリピン人の先生を主としたオンラインスクールを運営していると、日本人のスクールとの違いにいろいろ感じさせられることが多い。

  4. フィリピン人の英語の発音は悪いと言われるけれど

    途上国の人に対しては日本人はあまり良い印象を持っていない。ま、それは何も日本に限らず先進国は開発途上国の人に対して差別感を持つのだから、生物の特性、「優れたものがそうでないものを遠ざける、あるいは攻撃する」という特性に基づくものだから、しょうがないと言えばしょうがない。

  5. マネジメント次第でよく働くフィリピン人

    オンライン英会話スクール:ASET School を一緒に始めた女性がいる。現在でもASET の顧問兼教員として働いてくれているChrisitne先生だ。現在は、シンガポールに在住している。

  6. フィリピンでは、時間について日本ほど厳密ではない

    オンライン英会話事業を始めてまもなく4年目を迎える。金儲けを第一にしていないから展開は遅い。また、資金を豊富に投入出来るわけではないから受講生の増加も緩慢だ。それで良い。本当に良い指導ができるようにしたい。さて、そのオンライン英会話スクール。

ページ上部へ戻る