フィリピンとオンライン英会話

  1. 初心者英会話における文法の効果 is で広がる表現

    フィリピン人の先生たちは文法が弱い。でも、正しい英語を話す。ちょっと考えると矛盾しているようだけれど、全然おかしくない。そのことは日本語を考えてみれば分かる。日本人の我々は、ほぼ完全な(ま、おかしな表現も時にするけれど)日本語を話す。でも、日本語の文法がよく分かっている、知っている人はあまりいない。

  2. 文法に弱い? フィリピン人の先生、文法は役立つ

    日本人が英語の文法に詳しすぎるが故に、そして、フィリピン人の先生が英語をごく普通に日常的に話し、文法を意識しない故に...「フィリピン人の先生は文法が弱い」と考える人が出てくる。これは困った問題だ。

  3. 文法優先の日本人が見るとフィリピン人は文法が弱い

    フィリピン人の先生が「文法が弱い」と書いた。いや、弱いと言うよりも、「意識していないので、急に聞かれると説明できないことがある」ということだ。実は、これは、逆に日本人が「英文法に詳し過ぎる」ことにも関係がある。たとえば、次のような決まりだ。

  4. 正しい英語を話せても英語の文法を知らない

    英会話スクールの先生は文法に弱い...、現在、日本の英語学校やオンライン英会話スクールのレッスンを受けている方で実際に体験した人も結構いるだろう。うーん、「弱い」と言う言い方には問題がある。正確ではない。

  5. フィリピン人の先生、文法の勘違いの例

    フィリピン人のオンライン英会話教員は、当然だが英語を自由に話せる。しかし、文法的な面の理解があまりよろしくない。というか、文法をあまり意識していない。これは実話だが、あるとき受講生の方から質問があった。

  6. 英会話初心者に、何をどう教えるかが分からない教員

    フィリピン人の先生はルーズだ。でも明るくてフレンドリーだ。と、まあ書いてきたのだが....次は、ちょっと辛口の話。教え方の問題。何もこれはオンライン英会話スクールで働くフィリピン人の教員に限った話ではなく、日本の英会話学校で働く米国人、英国人教員も同じなんだ。それはどういうことか。

  7. フィリピン人先生の発音はきれいだ

    さて、オンラインスクールの教員は、フィリピン人が良い...と言う話しをした。その理由は、彼ら、彼女らの明るさとフレンドリーさだ。ところがフレンドリー過ぎると言うことも書いた。フレンドリーすぎて、「きちんとしたレッスン」ではなく、まあまあ、なあなあのレッスンになってしまう...と言う問題。

  8. 親しくなるのは良いけれどレッスンが手抜きに

    前回は脱線してフィリピン人がいかにフレンドリーかを書いた。これはオンラインスクールの教員としては、極めて都合が良い。日本人というのは相手との関係にやたらに気を遣う民族だから、相手がきちんとした人だと緊張してしまって、「しっかりやらなければ」と固くなってしまう。

  9. 仲間同士、全員が仲良し(?) のフィリピン人

    フィリピン人の先生たちとの付き合いも3年を超えた。オンライン英会話スクール開設以来の付き合いだ。毎日連絡が入る。始業時、途中でトラブル時、終業時、連絡が入る。ま、そうやって日本から全体マネージメントをしているわけだ。

  10. フィリピン人の先生は緩いというが、それは慣習であって

    フィリピン人の先生が緩い。オンライン英会話スクールでも先生が時々時間を守らず少し遅れて連絡する...などと、悪口っぽく書いているのだが、では、日本人がみなきちんとしているか...と言うと、必ずしも...だ。日本人は規律を良く守る。きちんとしている...だろうか。

ページ上部へ戻る