初心者英会話

  1. 英会話の初心者は「会話」だけが初心者なのだ

    初心者という言葉がある。初めたばかりの人という意味だね。では、「英会話の初心者」とは...「英会話を始めたばかりの人」という意味だ。 んなことは言わなくても分かる。問題なのは、「英会話」の「初心者」と言うことだ。 だって、日本人であればほとんどの人が英語の勉強を6年間はやっているはずなんだ。

  2. 日本人の英会話初心者の特徴、メリットとデメリット

    英会話の初心者は、他のさまざまな分野の初心者とは違うと言う話しの続き。他の初心者は、本当に初心者。何にも知識や技術などが頭や身体に入ってきていないという状態。新鮮だし、何でも覚えようとする。英会話の初心者はそうではない。「英語」そのものはすでに知っている。単語や文法なども知っている。

  3. 超初心者の指導は難しい、それを可能にするには...

    フィリピン人教員には、ある程度英語を話せる人の指導はできても、英会話初心者の指導はできないという話しを書いた。では、英会話の初心者にはオンライン英会話はできないのだろうか。そんなことはない。工夫次第で初心者でも英会話はできる。

  4. 初心者の指導はとても難しい。それが分かっていない先生が多い

    初心者英会話の指導が難しい理由について、もう少し考えてみよう。「教える」ということ。人は誰でも「教える」という行動をしている。

  5. 劣等感たっぷりの日本人とオンライン英会話

    英会話初心者は絹ごし豆腐のようなものだと思う。本当に指導が難しい。すぐ壊れてしまう。では、どこがどのように難しいか、少し考えてみよう。まず、劣等感から。日本人は誰でも6年間は英語をやる。中学校と高等学校だ。大学まで行けばさらに2年以上英語をやる。で...英語が話せない。

  6. 恥を恐れる日本人、特に初心者の指導では注意が必要

    劣等感に関わる日本人独特の感情がある。「恥ずかしい」という意識だ。これは、日本人独特の感覚だ。いや、世界中どの国でも「恥ずかしい」という感情はある。そもそもこれは、心理学的に2歳頃に発生する「自分」についての意識と関係があると考えられている。

  7. 「経験豊かな!」...「初心者」というおかしな日本人

    英会話初心者は、「自分は英語が話せない」あるいは「へたくそだ」という気持ちがある。劣等感だね。だから、日本人独特の心性「恥を恐れる」という気持ちとあいまって、話そうとしなくなる。でも時代は国際化への道を突き進んでいる。どうあっても英語が話せなければならない。

  8. 日本人初心者の特徴と初心者の分類,指導の難しさ

    オンライン英会話は、初心者の指導は苦手だ。それは間違いない。だって、費用を抑えるためにフィリピン人講師を安くやとって、直接に指導させるわけだから、1) 英会話の指導についての技術がない 教員やっているから言えるのだけれど、「教える」と言うことは簡単ではないんだな。

  9. 入門、初心者レベルの指導には丁寧な対策が必要

    英会話初心者の指導でもう一つ大切なことがある。それは、初心者は緊張感が強いということだ。最大の理由は、オンライン英会話スクールのフィリピン人教員で日本語を話せる人がほとんどいないというこによる。何もかにも英語でやらなければいけない。

  10. 初歩の英会話指導で、ついつい難しい言葉を使う先生

    英会話初心者の指導でなかなかみなさん気づかないことがある。それは、ネイティブや準ネイティブと言えるフィリピン人の先生が気づいていないのだ。日本語で考えてみよう。次のような表現を日常的に使っていませんか。

ページ上部へ戻る