ASET schoolとは

経営理念

ASET School は、国際化が進む日本で、一人でも多くの人が英語を話せるようになるための効率的学習システム開発と、国際理解の推進を目指すプロジェクトです。 日本人は中学校と高等学校で6年間も英語を勉強します。街には英会話学校があふれています。でも、英語を話せる人は多くはありません。なぜでしょうか。 現在の英会話学習方法は、基本的には「暗記」です。
  • 場面を設定して対話文を練習し、その場面で使えるようにする
  • 具体的で役立つ表現を覚えて、応用練習をする
このやり方は、無駄ではありませんが効果的ではありません。「暗記」したものは、使わない限り「忘れ」ます。 「場面に即した表現」は、「その場面」にしか使えません。覚えた通りに会話が進むこともありません。 こういった方法を超える指導法はないでしょうか...。 日本国内では外国人との交流の機会ほとんどありません。仕事の上で、あるいは社会生活を営む上で外国人とつきあう機会のある人は限られています。 今後、日本の少子高齢化により人口が減少し、それに伴う生産人口(15歳~60歳)の減少を補うために、外国人の労働者が必要になります。(国土交通省の推定では、毎年約64万人ずつ外国人労働者が必要です)その結果、外国人が日本に大勢働きに来ます。 同じ街に、同じ地域に、お隣に外国人が住み、お店にも公園にも外国人の姿が見られるようになる。これが「国際化」と呼ばれる現象です。 外国人とつきあう経験が必要です。どうしたら良いでしょうか...。 ASET Schoolは、その答えを求めて教材や指導法の開発に取り組み、外国人と触れる機会を設けるために活動しています。

代表 西方毅(にしかたつよし)

  • 玉川大学文学部教育学科卒
  • 早稲田大学教育学研究科博士後期課程(教育基礎学専攻)終了
  • 主として教育心理学、発達心理学研究および実践指導に従事
  • 研究・指導教室D&I英数塾を28年間運営、小学生・中学生の国語・英語・数学等の学習行動、問題の研究、指導法の開発、実践

ASET Schoolの歩み

2009年 オンライン英会話システム構築のためのプロジェクト開始 設立メンバーは、研究者、英語学専攻教員、海外留学生等で構成パイロットプラン実施
2010年 オンライン英会話スクール専業、ASET 英会話スクール開校 オンライン・レッスンに特化した指導教材、Level A, B, C各40レッスン作成 フィリピンオフィス開設、専任教員の養成開始 受講生募集開始
2011年 新指導教材Level D, E各40レッスン作成、各レベル40レッスン合計200レッスン教員研修システム完成
2013年 レッスン教材、全レベル改訂第二版使用開始 作文指導システム完成、指導開始
2015年 小学生、中学生、上級レベル用教材Level El, Level J1, Level Ex 各40レッスン完成全体合計350レッスン 教員研修システム改訂版実地導入開始
2016年 フィリピン現地法人・株式会社ASET English School設立 研究開発・実践のみでなく、教員安定雇用のため収益も考慮し法人化、 新教材Level J2, Level Cx 作成および、Level A, Level B, Level C改訂第三版作成 英語力評価システム構築および利用開始
2018年 Level J1, Level J2 改訂第四版作成、Level J1は9月、Level J2は12月に使用開始 カリキュラムおよび構成文の全面見直し。会話力アップのための対話文の改訂、画像の追加 教員指導用の教材作成、レッスンを行うだけで指導力が伸びるシステムの構築
ページ上部へ戻る