アーカイブ:2016年 3月

  1. オンライン英会話:レッスン時間を守るフィリピン人の先生

    日本人の持つ途上国のイメージはどんなものだろう。一人一人異なってはいるだろうけれど、タイやベトナム、インドの田舎のイメージ...が多いのではないだろうか。しかし、現在では、インドや東南アジア、中国などは、都市部では日本とほとんど変わらない風景になっている。

  2. オンライン英会話:英会話教員の資格は? 訓練は?

    英会話の先生は、発音が良く、英語の知識をきちんと持っていることが必要だ。しかし、「とんでも先生」がいると言う話を良く聞く。なぜそうなるかというと、英会話の「先生」には、きちんとした基準がなく、どこでも、適当に採用しているからだ。いや、実際には、どの大学、英会話学校もそれなりの基準はあると思う。

  3. オンライン英会話:英語の知識の貧しい「英語教員」

    前回、英会話教員の英語の発音について述べた。結論を繰り返すが、「発音の悪い英語教員はたくさんいる」と言うことだ。特に、大学などで働く英語教員には多い。英会話学校の先生だって、いくらでも応募のある大都会、東京や大阪なら、「発音の良い」教員だけを採用できるだろう。

  4. 英会話教育の効果について:上達する人のいる不思議

    前回まで、英会話がなかなか上達しないと言う点について、さんざん述べてきた。ま、こういった話はたいてい嫌われる。否定的で希望がないからね。その点、「この方法でみるみる英会話が上達」とか、「○○だけの英文で、英語は話せる」など、見るからに「おおっ、それはすごいやってみようか」と言う気分になる。

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る