アーカイブ:2013年 2月

  1. 家族が病気などになるとすぐにレッスンを休む先生

    フィリピン人の先生を主としたオンラインスクールを運営していると、日本人のスクールとの違いにいろいろ感じさせられることが多い。

  2. フィリピン人の英語の発音は悪いと言われるけれど

    途上国の人に対しては日本人はあまり良い印象を持っていない。ま、それは何も日本に限らず先進国は開発途上国の人に対して差別感を持つのだから、生物の特性、「優れたものがそうでないものを遠ざける、あるいは攻撃する」という特性に基づくものだから、しょうがないと言えばしょうがない。

  3. マネジメント次第でよく働くフィリピン人

    オンライン英会話スクール:ASET School を一緒に始めた女性がいる。現在でもASET の顧問兼教員として働いてくれているChrisitne先生だ。現在は、シンガポールに在住している。

  4. オンライン・レッスンで発生する情報機器の問題

    前回は、コンピュータが便利になって、かなりの人が自分でインターネットやskypeの設定までできるようになった ...で、オンライン英会話などをスムーズに利用できるようになったのだが...問題がないかと言うとそうでもない...と言う話をした。skype 一つとってもいろいろなトラブルが生じる。

  5. 初心者の指導はとても難しい。それが分かっていない先生が多い

    初心者英会話の指導が難しい理由について、もう少し考えてみよう。「教える」ということ。人は誰でも「教える」という行動をしている。

  6. 次々の定型文を覚えるようなレッスンでは、英会話習得は難しい

    オンライン英会話が、「本当に使う英語」という体験をもたらしたと述べた。知っている単語を知っている語順に当てはめて、英語を「創り出す」というわけだ。これが、オンライン英会話で体験できるわけだ。そこから、少しずつ文型が正確になり、単語が適切になり、英語はうまくなっていく。

  7. コンピュータとインターネットが可能にしたオンライン英会話

    オンライン英会話は、現在急速に発展している。市場は大きいので大手もどんどん参加しているが、まだまだ余地はある。ASET School の未来も明るいと...うーん、がんばらないとね。ところが、このオンライン英会話、インターネットに頼っているために現在でもさまざまな問題がある。

  8. 超初心者の指導は難しい、それを可能にするには...

    フィリピン人教員には、ある程度英語を話せる人の指導はできても、英会話初心者の指導はできないという話しを書いた。では、英会話の初心者にはオンライン英会話はできないのだろうか。そんなことはない。工夫次第で初心者でも英会話はできる。

  9. フィリピンでは、時間について日本ほど厳密ではない

    オンライン英会話事業を始めてまもなく4年目を迎える。金儲けを第一にしていないから展開は遅い。また、資金を豊富に投入出来るわけではないから受講生の増加も緩慢だ。それで良い。本当に良い指導ができるようにしたい。さて、そのオンライン英会話スクール。

  10. オンライン英会話を活用するには情報機器に詳しくないと...でも

    オンライン英会話スクールは、現在どれくらいあるか分からない。有名どころでは...他社の宣伝になるのは嫌だから名前は挙げないけれど、何とかに何とか、あれに、これ...と数十社はあるのではないだろうか。小さな個人営業のところは数知れず...数百社? 何しろ、現れては消えるなどで実態は分からない。

ページ上部へ戻る