ブログ

アフリカ・ボランティア奨励金贈与事業

アフリカでボランティアをしたい、アフリカで現地の人々と一緒に生活してみたいと言う希望はあっても、アフリカに行くには交通費なども高くてなかなか行けない...そういった人々に、ASET School は奨励金を提供しています。ASET School は小規模なスクールのために、多くの人に提供することは難しいのですが、年間数人でも支援したいと望んでいます。
 ※ この奨励金には義務・制約などは一切ありません。特定の宗教・思想団体とも関係はありません。ASET School の純粋な社会貢献事業です。
[2020年度の支給額 および 支給人数]

・奨励金額:20万円
・支給人数:3人

[奨励金応募要領]

・応募資格  : なし (子どもの支援ボランティアに熱意のある方)
・現地活動期間: 原則として10日~2週間 (期間は各団体と相談により調整)
・帰国後の研修: 参加した団体の活動にボランティアとして月に一回程度参加(1年間)と体験談提出
・活動場所  : アフリカ、ケニアで活動する次の団体のプロジェクト地
@@@@サイディアフラハ、キラキラを支える会、ウシリカインターナショナル
@@@@@@( 団体の詳細は、それぞれのHPを参考のこと : 下段参照 )

[応募方法]

・問い合わせ: ASET English School の問い合わせフォーム
・詳細説明 :メールまたは電話
・応募書類発送、審査、書類選考の合否通知 (メール)
@@応募書類:経歴書(学校、職業、資格、ボランティア経験、抱負などを簡単に記載)
・ASET English School 代表による面接(原則、直接の面談) 面接結果の通知 (メール)
・具体的なボランティアの計画相談、スケジュールなどの相談 (電話、メール)
・渡航 (空港までスタッフが出迎え)、ボランティア開始
・ボランティア終了(空港までスタッフが見送り)

[各種経費の概要]

・日本-ケニア渡航費:約15万円(ピークシーズンを除く)
・現地滞在費:宿泊、食事、研修費など、1日約3,000円(各団体に支払う)
・移動、交通費など、10日間で約10,000円程度(状況により担当者に支払う)
・他、お土産、おやつなど個人費用:自由

 

※ この事業の具体的な活動事例は、NPO キ・アフリカのページで見ることができます。

(アフリカを実際に体験) https://www.kiafrika.org

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る