ブログ

オンライン英会話:英語の知識の貧しい「英語教員」

前回、英会話教員の英語の発音について述べた。結論を繰り返すが、「発音の悪い英語教員はたくさんいる」と言うことだ。特に、大学などで働く英語教員には多い。英会話学校の先生だって、いくらでも応募のある大都会、東京や大阪なら、「発音の良い」教員だけを採用できるだろう。でも、地方都市(失礼に感じる方がいらっしゃったらすみません)だと、そもそも街にどのくらいの定住外国人(欧米人)がいるかだ。

定住欧米人があまりいない場合には、しょうが無いから欧米以外の国出身の英語教員を使わざるを得ない。そんな時に、「私、アメリカから来ました」「私、オートすらリアから来ました」という外国人の応募があれば “Welcome!!!”と、発音は二の次にして採用してしまうのではないかな。(するどい推測だねぇ、ははは。いや、するどい勘違いと言う方が適切かな(^-^;

だから、英会話スクールも含めて、ネイティブの英会話の教員であっても、発音が正しいかどうかは分からない。それが、現在の英会話教育の現状。

ところが、発音が良ければそれで良い英語の先生になれるか...と言うと、それだけでは無いんですな。ま、性格が良い悪いとか、声の質が良い悪いなどはおいといて、もっと大切なものがいくつかある。

その一つが、正しい英語の知識だ。欧米系のネイティブなら「正しい英語」の知識をもっているはずだ...と思いますか?

その逆のことを考えてみれば分かる。この稿を読んでおられるみなさんは、日本人としてきれいな発音の日本語、正しい日本語の知識を持っていますか。「もっている!」と言う方に、少し意地悪な質問。

ある外国人の学生が日本語教員をやっているあなた(と言う設定)に尋ねました。「センセイ、コノ2ツノブン、イミ チガイマスカ」と言って見せたのが次の文。

「私は、会社に行きます」、「私が、会社に行きます」

たいていの人は、何とか自己流に説明されると思うだけれど、アルクのサイトに次のような説明があった。
——————————————————
  佐藤さんは社長だ。(名詞文)
  佐藤さんはやさしい。(形容詞文)
  佐藤さんが来た。(動詞文)

  1)通常は、名詞文・形容詞文の主語は「は」、動詞文の主語は「が」で示す。
  2)名詞文・形容詞文の主語を「が」、動詞文の主語を「は」で示すと、他を排除して該当者を特定するような解釈となる。
——————————————————

なるほどね。私も初めて知りました。(^-^:

では、次の文。 これ正しい文だと思いますか。

「無断で駅構内のチラシ配布、販売を禁じます」(駅で時々見かける)

間違いです。「無断で」という単語は、「禁じる」と言う動詞にかかる副詞(ん? 形容動詞の連用形だったかな?)です。副詞は(形容動詞の連用形の場合も)名詞にはかかりません。用言(名詞、動詞、形容詞など)にかかります。

だから、この文は「無断で」「禁じます」という意味になるんだなぁ。 ちゃんと、誰かの許可を得ずに「禁じ」てしまったことになる。禁じるなら、ちゃんと許可を得てから禁じなさいよ...とんでない解釈になってしまう。 ま、たいていの人はそうは考えず、「チラシ配布、販売を禁じてるんだな」と、賢くも書いてあることを正しく理解する。

この文を本当に正しい文にするには、「無断で駅構内でチラシを配布する...と、「配布」という名詞を「配布する」という動詞に変更することが必要です。 この決まりを守らないと何となくおかしな感じの文になるわけです。

さて、そんなあなたが、アメリカや他の国に行って「日本語会話講師!」として...ま、良いですよ。何となく適当に教えることはできるから。(失礼! スミマセン)

この立場を逆にして考えると良く分かる。英語を日常的に話している欧米人のネイティブであれば、誰でも「良い」英語の先生になれるはずはないのだよ。

「それでも、フィリピン人の先生よりはまし」と考える方がいれば、ちゃんとしたオンライン英会話スクール(ははは、ASET Shoolのこと、自画自賛です)の先生の英語力を確かめて見て下さい。ま、全員というわけでは無いけれどね。欧米人の素人先生よりはよほどましです。

いや、本当なんです。その理由だけれど、フィリピンでのテレビ放送は英語のものが多い。心ある英語教員の場合、常に欧米の映画や放送を通して発音や英語全般の知識を得ている。(ちょっと自慢で申し訳ないけれど)当スクールのマネージャークラスの教員は自発的にそれをやっている。筆者も研修のたびに、「英語の放送を聞くように。そこで英語の知識を増やすよう」と勧めている。

だから、アメリカなどからふらっと日本に遊びに来て、「滞在費」稼ぎで英会話スクールで気楽に英語を教えている先生(スミマセン)よりも優れたフィリピン人英会話の先生が結構いるのだ。(ま、実際上、あまり英語の知識のないオンライン英会話の先生も多いんだけれどね)

ともあれ、英語の知識の貧しい教員の場合、ネイティブ、非ネイティブ問わず、教員としては不適なのだよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る