ブログ

入門、初心者レベルの指導には丁寧な対策が必要

英会話初心者の指導でもう一つ大切なことがある。

それは、初心者は緊張感が強いということだ。
最大の理由は、オンライン英会話スクールのフィリピン人教員で日本語を話せる人がほとんどいないというこによる。何もかにも英語でやらなければいけない。

先にも述べたが、「自分は英会話はできない」という初心者だから、わからない時に日本語で尋ねることができないのはとても不安だ。特に、小学生や中学生、大人でも入門レベルの人は、特に緊張感が強いし、不安も高い。小学生なんか、親が着いていなければとでもレッスンができない。

かといって、日本語が多少分かる教員がいたとしても正直あまり役立たない。「分かりますか」「それは違います」くらいの日本語を話してもそれ以上の質問になるとお手上げだ。

ビデオ通話で顔が見られたとしても、ま、役立たないことはないけれど、ジェスチャーで複雑なことは説明できない。

かつてASET に日本語が分かる教員がいた。分かるも何もフィリピン大学ディリマン校という、一番難しいところで勉強していて、日本の大学に1年間留学していた人だ。日本語はぺらぺらというくらいだ。私の英語よりもうまい。 ^ ^;

だけど...だね。 その内、うんと給料の良い、日本のかなり有名な会社のフィリピン支社に就職してしまった。オンライン英会話スクールの給料では不足ということなんだな。日本語がまともに話せるフィリピン人はそういうところに行ってしまう。無理もない。日本の会社の場合、一般のフィリピンの会社の数倍の給料を払うところもあるんだから。

だから、英語だけを話す教員しか働いてもらえない。

ともあれ、「英語だけでレッスンを受ける」というのはオンライン英会話スクールの大きなメリットのひとつなんだけれど、今のオンライン英会話スクールでは、初心者にはそれがデメリットになってしまっている。

では、ASET School はどうやっているか。すみません...企業秘密なんで...(またかよ)

ともかく、日本人担当者(筆者も含む)が、初心者向けの丁寧な研修を行う。さらに、教材、教員を初心者が単独でレッスンを受けることが可能なようにシステム化してあること...としか言えない。

それだけのノウハウを、開設以来3年かけて作ってきたんだ。どんな初心者であっても、何とか英語だけでレッスンがうけられるのだよ。(すみません、宣伝ばっかで)

それと、初心者の特徴、「自信がない」、「緊張感が高い」ということを教員には徹底する。同時にまた、そういう人に対するレッスンの仕方を、マンツーマンで指導しておく。

そして、極めつけ、どうしても緊張感が強くて不安な人には、最初の数回(時には十数回)、無料で日本人のサポートをつけるんだ。

と言うわけで、オンライン英会話スクール、最近は他校と差別化するために「初心者でも大丈夫」と宣伝しているところがあるけれど...はてさて、他のスクールは、どんな対策を立てているのかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る