ブログ

劣等感たっぷりの日本人とオンライン英会話

英会話初心者は絹ごし豆腐のようなものだと思う。本当に指導が難しい。すぐ壊れてしまう。
では、どこがどのように難しいか、少し考えてみよう。

まず、劣等感から。

日本人は誰でも6年間は英語をやる。中学校と高等学校だ。大学まで行けばさらに2年以上英語をやる。
で...英語が話せない。6年間も英語をやっていながら、会話に対しては初心者なんだな。

で、その6年間英語をやっている間に、さんざん英語に対する劣等感を持ってしまう。つまり、自分は「英語はできない」という気持ちになってしまう。

その理由は簡単。日本の英語が難しすぎるのだ。高校英語なんか特に難しい。筆者は、現在では英語の本を読むのも、英文メールを書くのも比較的気楽にやっている。特に困ることはない。 しかし、高校では英語はだめだった。成績は、ま、まとも。 だけど「授業」のための英語だから、英語に対して...「オレは英語ができる!」という気持ちもなかった、実用になるとも思っていなかった。 むしろ、クラスで得意な奴が何人もいてそいつらに敵わないわけだが、「オレは英語はだめだ。がんばっても、赤点にならないくらいしかできない」と思っていた。

そして、大学、外人の混じる場で、米国帰りのクラスメートがぺらぺらとしゃべっているのを見て、そして、何とか自分の言いたいことを言おうとして言えない自分を見て、「あ、オレは英語はできないんだ」と、あっさりあきらめてしまった。

それでも、心のどこかに「外人と話しができたらいいなぁ」という気持ちはあったから、卒業後教員として働きながら英会話学校にも行ってみた。でも、そこでもうまい人がしゃべっているのを見て、そして、うまい人がペラペラしゃべっているのを見て、「あ、やっぱりオレはできないんだ」と思い込んでしまった。

これが劣等感。つまり、難しい英語の勉強で、「分からない」という気持ちを持ち、それなのに分かっている奴がいるのを見て「オレは英語はダメなんだ」と嫌な気持ちから自分がだめだと信じ込んでしまう。

だから、グループレッスンは英会話がある程度できる人には良いかもしれないけれど、出来ない人や初心者には極めて辛い。劣等感を増幅する危険がある。その点では、マンツーマンの英会話の方が良いのだが、欧米人を使えば、レッスン料は半端な額では済まない。

その点はオンライン英会話スクールは、自宅だし、マンツーマンだから、他人の目を気にすることはないので、初心者には合っている。しかし、オンライン英会話スクールの先生は一般に日本語はしゃべれない。そこが、やり方によってはさらに大きな劣等感を与える危険はある。

初心者英会話の指導者は、この劣等感を良く理解していなければならないんだ。ASET School の教員には初心者でもレッスンできるように研修してあるし、、とにかく受講生をほめるように指導してある。だから、ASET の教員は、英会話初心者が失敗しても変な言い方をしても、絶対にばかにしないで、うまく言い換えて教えられるようにしてある。

別な英会話学校で、「外人の先生から『あなたの英語は変だ』と言われた」と話した受講生がいる。もしその外人教員が本当にそんなことを言ったのならば教員をやる資格がない。初心者の気持ちが全く分かっていないのだから。

以上、劣等感一つ取ってみても、初心者英会話の指導の難しさが分かるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る