ブログ

日本語を抜かして、考えをいきなり英語にする?

日本語を媒介にして英語を覚える...ま、どの国でも似たようなことをやっていると思う。他の国の言語を学ぶときには、自分の国の言葉を媒介にした方が早いから。

でも、そのやり方を続けているだけでは英会話はなかなか上達しない。 
日本人の場合で考えてみると。理解するときには 英語 → 日本語 → 表象(事物を表すイメージのような物)という流れ、話すときには、頭の中の表彰(事物を表すイメージみたいなもの)→ 日本語 → 英語という流れで学んでいるわけだ。ま、仕方がない。

だけど、英会話になると、これではとても効率が悪いし、なかなかうまく表現できない。そもそも日本語とまったく同じ意味を表す英語なんてそんなに多くないんだ。だから、訳せなくて途中で黙ってしまうことになる。オンライン英会話のレッスンで初心者がすぐにあきらめてしまうのは、この流れの中で英語を理解し、話そうとしているからだ。

こんな話がある。しばらく前にある大学の英語の試験で英訳問題が出た。「ただいまマイクの試験中」と言う日本語を英語に訳せという問題。 みなさん、どう訳しますか?

“It’s a test of a mike now” なんて書きそうじゃないですか。正解は、”Test. Test. Test.”だったとか...本当の話かどうか分からないが、いかにも...だよね。

こういう辺りに日本人の英語学習の問題があるんだ。日本語を通して英語を学ぶもんだから、どうしても日本語を訳して話し、日本語に翻訳して理解する。何とか日本語を英語にしよう、何とか英語を日本語にしようと悪戦苦闘するわけだ。

では、どうしたらいいのか。

最終的に、表象 → 英語で話し、英語 → 表象で理解する。という形にしなければならない。そうでないと、効率が悪いというよりも、まともな会話にならない。いちいち時間をかけて考え話していたのではね。

そんなこと難しくてできない...と言う人が多いと思うが、実際はそうでもないんだね。たとえば、”desk” (デスク)と言う言葉を聞いたとき、何人の人が「えーっと『デスク』は『机』だから、そうか机のことか」と考えるだろうか。ほとんどの人は、「デスクを運ぶので手伝って」と頼まれると、ぱっとデスクの端を持って運ぶのを手伝うだろう。”desk”と聞いた瞬間、何のことか分かると思う。

このような形で英語を話すようになるためには、日本式のドリルなどのように一つの文型を学んで、それを言い換えたりして練習するやり方でも、効果がないとは言わないが十分ではない。

一番重要なのは「自由会話」なんだな。

と言っても、自由会話をするには、それなりの基礎が必要で...その辺りはまたの機会に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る