ブログ

パターンを覚えて文を作る練習をするだけでは英会話は不十分

さて、英会話初心者の指導だが、ここはとても難しい分野だ。
重要なのは、「自分の言いたいことを」「何とか言葉をつないで」言えるように指導することなんだ。

日本の英会話スクール、あるいはオンライン英会話スクールで多いパターンは、「文型を覚え、それを応用する」というパターンだ。
これは、ちょっと見、なかなか良いように見える。たとえば...

Can you …
Could you …

などのパターンを発音練習して、それを応用する。うん。何だか「勉強した~」という気になるね。日本人は「勉強すること」もっと正確に言えば、「教えてもらうこと」は大好きだから、このパターンが良いように見えるんだ。

だが、だ ...そういったパターンを少しずつ覚えていくと、やがて話せるようになるかな? いや、理屈上は話せるようになるはずなんだ...ね。

ところが、実際そういった英会話のレッスンをたくさん受けた人、あるいは中学校、高等学校でそういった授業を受けた日本人が、英語がまったく話せないのだよ。こういったレッスンをたーくさんやりながら、「英会話初心者」なんだ。

何でだろう。不思議に思いませんか。不思議だよね。

理由は非常に明確なんだ。つまり、「外から英語を入れる」ことと「内から英語を生み出す」こととは違うんだ。 いくら外から英語を入れても、生み出す機会がなければ英語はは出るようにはならない。どうしても英語を無理矢理でも生み出すことが必要なんだ。

初心者英会話では、これを考えた指導が極めて大切なんだ。つまり、「自分で英語を生み出す力」を育てることだ。

だから、上に上げたような英語の教材を使ってレッスンしているオンライン英会話スクールが結構あると思うが...そこでは結局英語はあまり話せるようにはならない。どうしても、何とかして、無理矢理自分の中から英語を生み出すようなレッスンをすることが必要なんだな。ASET School はそれを考えているんだ。

これが実はなかなか難しい。結局教員の技量によって決まってくるからだ。教員がどう質問し、どう誘導するかで英会話初心者が話せるかが決まる。難しい質問をしたり、初心者の英語理解力を考えずにに一方的に説明したりすると...英会話初心者はすっかり嫌になってしまう。

では、質問を決めておいたらどうだろう...うーん、良い考えなんですがねぇ。残念ながらそれも不十分。
だって、英会話初心者は一人一人違うもの。同じ質問を同じように理解し、あるいは推理し、適切に答える...そんなことができればもはや初心者ではない。中級者だね。

相手によって質問の内容、質問の形、質問の長さなどを変えなければならない...これが教員によって決まる。

だから教員の研修が必要なんだよね。教員がうまく指導することで「中から英語を生み出す」力が育つのだよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る