ブログ

日本的初心者の特徴と指導

日本の英会話初心者は、他の国の人と全く違う。 前にも述べたように、たっぷり英語を勉強した「初心者」なのだ。

英語は大体の人が何となく読める。簡単な単語なら多くの人が書ける。”How are you?” の返事は “Fine. Thank you.” と言うことを知っている人はごく普通にいる。

それでいて英会話ができない。「英会話初心者」なんだなぁ。特に、学校を卒業して10年も20年も英語から離れていると、”Good morning”とか”How are you?”も忘れて「超初心者」になってしまう。こうなると、英語がまったくしゃべれない「入門」レベルということになる。

学校で英語をたっぷり勉強して卒業誌、それほど時間の経っていない20代の社会人でさえ、”Excuse me.”と外国人に話しかけられたらパニックになる人が多い。落ち着いて、よ~く聞いて考えれば結構分かるかも知れないけれど...その前に、”I don’t speak English.”と言って、照れ笑いしながら逃げるという人もざらにいる。(おいおい、”I don’t speak.”って英語だよ (^-^:

英語を知っているけれど英語が話せない...と言う不思議な初心者。だから、それなりの教え方をしなければならない。ASET School の場合、入門レベル、中学生レベル、初心者レベルの場合は、一番最初に「英会話のコツ」なるものを教えている。内容は言わないが、英会話をするためにこれが必要だということを教えておく。これがとても重要なんだな。

もちろん、それだけではだめだ。それは必要最低のことなんだがそれに加えてレッスンの流れを説明する。これは、教材も指導法も決まっているからできるのであって、大手のスクールが真似しようとしてもなかなか難しいと思う。マニュアルで説明して終わりと言うところが多いと思うけれど、ASET School はそんな甘いことはしない。日本人担当者がきちんと流れを説明し、さらにマニュアルを配り、その上で、最初の内は必要に応じていつでも日本人担当者が日本語でサポートする。

それに、レッスンの流れを作って...と言ってもコンピミニやファミレスではないんだから、受講生の理解ややる気、それまでの英語体験、さらには性格まで絡んでくるので簡単ではない。コンビニやファミレスならば、数回の研修や先輩がその場で教えれば、1ヶ月ほどで一人でうまく出来るようなる...かな? まだ、コンビニやファミレスで働いたことがないので分からないけれど、そんなものだろう。1週間も毎日8時間研修しなければならないほど難しい内容ではない。

それに比べると、オンライン英会話で初心者、特に中学生や初心者を扱う仕事は、ある意味とてつもなく難しい。何しろ一方は日本語が全くしゃべれない。もう一方は英語が全くしゃべれない。その人たちがレッスンをし、受ける訳だから「流れを作って」なんて一言で言ったけれど、本当に難しい。

オンライン英会話の教員にそれを教え込むのに数ヶ月かかるかな。それまでは「研修生待遇」(サラリーは出すけれどね)、受講生が無料で受けられるレッスンをやったり、ベテラン教員のレッスンをモニターしたりしながら指導技術を磨いていくんだ。

そして、何よりも教材。自前で開発した教材だから、内容については教員が指導しやすいよう作ってあるんだ。それも、「日本人がやってきた勉強」の成果を生かすように組んである。何しろ日本人の初心者は「たっぷり知識を持った初心者」なんだからね。市販の教材ではそれが十分に考えられていない。

同時にその教材の構造、考え方、仕組みについて、教員にはみっちり説明し理解させてある。 

ここまでやらないとオンラインスクールで初心者英会話をきちんと指導することはできないんだね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る