ブログ

超初心者の指導は難しい、それを可能にするには...

フィリピン人教員には、ある程度英語を話せる人の指導はできても、英会話初心者の指導はできないという話しを書いた。

では、英会話の初心者にはオンライン英会話はできないのだろうか。

そんなことはない。工夫次第で初心者でも英会話はできる。ASET Schoolでは、「超初心者英会話」というコースを設けている。このコースはまさにそのまま、まったく英会話が出来ない人、”How are you?” ”Fine thank you. And you?” と言った、最初の挨拶さえできない人が受けているのだ。
あまり細かいことは企業秘密にあたるので言えないが、ともかく初心者向けの対策を徹底的に打ってある。
それは、大まかに分けると次のようになる。

・導入の工夫
 初心者の方が入会されると、必要に応じて日本人担当者がオリエンテーションをする。
 そこで、基本的な文型の練習、どういう場合にどうする、困ったときにはこういう方法があるなどしっかり教える。
 本当に本当の初心者の場合には、日本人担当者と模擬レッスンをする。それを通してレッスンの流れを覚える。 

・教材の工夫
 ごく易しい文型とごく易しい単語を元に、飽きないよう、しかも文法的なことが次第に理解できるように教材を作る。
 教材は、レッスンの流れがスムーズに行くように組む。そうすれば、初心者でも迷うことなくレッスンを受けられる。
 (ここが企業秘密...ていうほど大げさではないが、ポイント)

・教員の訓練
 教員に初心者向けのレッスンの仕方を教える。実は、ここが重要で、これがうまくできないと、せっかくの教材もまったく生かせない。
 ASET School の場合、ここの訓練は、代表である私自身が直接に何回も指導する。そのために、各教員のレッスンの様子を音声で記録しておいて、それを元に、「ここではこうして」、「この言い方はこうして」など指導している。

 また、これも企業秘密だが(しつこいよ!) 講師の言葉遣いを指導する。これもとても重要。これができないと生徒とコミュニケーションできない。

こういった工夫がしてあれば、初心者でもオンライン英会話はできる。小学生や中学生の場合は、さらに細かい工夫が必要となる。彼らは、英語をまったく知らないのだからね。その彼らをどう指導するか、それは、また機会があれば書くことにする。 

これがASET School の「超初心者英会話」のコースなんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る