ブログ

英会話が授業で重視されない理由:日本の教室事情

日本の中学校や高等学校で英会話があまり重視されない理由として最も大きいのが、「受験英語」では、英会話が必要ないということだ。

それ以外にもいろいろある。中学校、高等学校内部の内部事情としては、英語の教員が英語を話せない...と言うこともある。

これは、きちんと説明しておくけど、「英語教員が英語を話せない」というのは極端な言い方であり、昔ならともかく現在では英語で話せる教員はある程度いると思う。文部科学省の基準では、英語教師は英検準一級程度の会話力を有することが望ましい...とある。そして、2014年の調査では、その割合が全英語教員の3割程度であると言う(新聞記事のうろ覚えなので正確な数字は言えないけれど)

ただ、この数字は、「7割くらいの教員は英検準一級程度の力も無い」ということも意味している。「英語の指導」をしていても「英語は話せない」教員が多いわけだ。これでは、学校教育で英会話の授業は取り入れられない。

いや、取り入れている学校も増えているようだが...今度は、生徒の方の準備ができていないために先生が一生懸命英語で授業やっても生徒にはさっぱり分かっていないということもあるという。(この辺り、ネット上のブログ記事や筆者の集めた英会話授業の感想などから)

これでは、学校で英会話をしっかり指導しようとする雰囲気にならないのは当たり前だ。英会話教育に熱心な教員がいたとしても、自分の授業だけ英語で...と言うのは難しいだろう。学校全体で決めないといけないし、そうすると「英会話が苦手な英語教員」が足を引っ張る...失礼...こともあるだろう。

ともあれ、7割の教員が英会話があまり得意ではない...ということは、これは問題だね。100年以上にわたる日本の英語教育が「読解」そして、その基礎としての「文法」に重点を置いてきた結果だ。

これを、「えいやっ」とひっくり返すことができれば、文部科学省とか文部大臣が大胆な改革を実行できれば...たとえば、英語教員は次の教員免許状更新時に英検一級を取るか、海外で通算5ヶ月以上(更新は10年に一回なので、その間にこれくらいの海外研修はできる)英語留学経験をするか...英会話の授業は一気に促進されると思う。

ただ、反対は多いだろうね。費用の問題、学校の仕事との関係、ただでさえ厳しい労働環境がさらに悪化するなど...状況が難しいから。

でも、これくらいしないと日本の学校に英会話の授業を持ち込み、生徒に十分な英会話の機会を提供できないんだなぁ。

さもなければ...オンライン英会話を導入...こちらの方が現実味がある。でも、こちらも問題が山積みしているんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る