ブログ

日本語を話す教員のデメリット、日本語に依存する

中学生は英語の知識が少ない。だから、教員の話す英語の意味が分からないことがある。そんな時に、「日本語を話す教員」なら安心だから良い...と言えるだろうか。

確かに「安心感」はある。どうしても分からない時に、日本語が通じれば...何とかなりそうだ。特に、中学生や超初心者、オンライン英会話で分からなくて辛い経験をした人(英語恐怖症の人)には良いかもしれない。

そんな訳で、中学生などを持つ親御さんなどから「日本語を話す教員はいますか」との問い合わせがあったりする。日本語が通じる安心感は大きなメリットだろう。

しかし、筆者の考えではデメリットの方が大きい。それは次の二点だ。

一つは、必死になって英語で理解しようとしないために真剣さが不足し、ブロークンコミュニケーション能力が伸びないことだ。
そして、もう一つは、コミュニケーションスキルの基礎である「推測力」が育たないことだ。

今回は、一つ目のブロークンコミュニケーション能力が育たない点について取り上げる。
 
英会話レッスンのモニターをしていて(筆者の研究にも関わるので、教員指導、受講生サポートを兼ね、良くレッスンをモニターする)、いつも感じるのだが、受講生の方は、必死になって先生の言うことを理解しようとしている。

何しろ日本語が通じない。聞き取れなかったり、先生の言っていることが分からない時に「え、今、なんて言ったんですか」とか、「それはどんな意味ですか」などと英語で聞き返せる人は良い。だが、たいていの中学生、初心者はそれができない。そのために、黙ってしまう。すると先生は焦る。何とかしようと別な言い方を挙げたり、例を挙げたりする。 受講生の方は、それを理解しようと必死になって耳を傾ける。(分からない時には、分かったふりをする...という方も多いけど...筆者もよくやる。 ^ ^; )

英会話の上達には、この真剣さ、何とか相手の言うことを理解しようという姿勢がとても大切なのだ。

それはそうだ。実際に外国に行って、観光地に行ったり、買い物をしたり、レストランで何か食べるときに、単語だけであっても自分の考えを伝え、あまり聞き取れないとしても、相手の話を何とかして理解しないと観光も買い物も食事もできない。

この必死さがあると、英語でのコミュニケーションは上達する。単語でも、おかしな英文でも、とにか片言でも良いから自分の考えを口にし、相手の言っていることを半分でも、時にはほんのわずかでも理解しないと、目的が達成できない。逆に、このブロークンでも良いから相手とコミュニケーションする能力が初歩の英会話では重要なんだ。

これを強調したいのだ。変に日本語が分かる相手だと、このブロークンコミュニケーション能力が伸びない。いつまでも、最後は日本語でやりとりして分かってしまう。結局、日本語に頼ったコミュニケーションしかできないことになる。

これが日本語が分かる教員に教わるデメリットの一つだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る