ブログ

新しい文型、単語を系統的に学ぶ必要性について

日本語をスキップして、「表象」→「英語」と言う流れを作らないと英語はうまくならないと言うことを書いてきた。

では、英会話の機会さえあればよいか。「その通り」と言いたいが、実は必ずしもそうではない。それは、アメリカに渡った日本人のことを考えれば分かる。アメリカに渡ったという言葉が古いが、要するに、仕事その他でアメリカなどに移住した人がみなぺらぺらしゃべるようになったかを考えれば分かる。

ま、見た目ぺらぺらでしょうな。ただ、そのレベル、内容がどんなものか。

それを想像するには、その逆のケース。つまり、日本に移住してきた外国人のことを考えるとよくわかる。みなぺらぺら日本語をしゃべるようになっただろうか。なった人もいるし、ならなかった人もいる。また、ぺらぺらになった...ように見えても、日常使う言葉の範囲でぺらぺらなのであって、少し難しい、あるいは普段つかわない言葉なるともう分からないということがよくあるはずだ。

つまり、だ。単に外人としゃべる機会があるだけでは、その外人としゃべるのに必要な英語しか使えるようにならないということ。(例外はありますよ。私の友人の韓国の男性は私より日本語が上手だし、難しい言葉、表現もよく知っている。論文だってすらすらだ)

では、どうしたら良いか。会話のたびにいろいろな表現、単語に接することが良いだろう。つまり、英会話をするたびに新しい表現、単語を学ぶのだい。

「おおそうか。では、英会話のたびに講師から教えてもらえば良い」...いいアイディアなんですけれどねぇ。残念ながらこれも不十分。 なぜか。 講師は自分の得意な、あるいは、よく使う表現、単語を教える。つまり、教えてもらう表現、単語の範囲が偏ってしまうのだ。

ということで、ASET School は、それをクリアする対応策を考えた。それはこうだ。

毎回のレッスンの前に、必ず文の発音練習をする。(これは、プライミング効果という、後に詳しく述べる心理学的な効果も狙っている) それも、コースに応じたレベルの文型を用いる。

コースAならば、ごくごく易しい文型 “This is a pen” のレベルの文型、コースCでは、TOEIC に出るような文型...コースEでは、新聞記事のレベルの文型...

こういった文型を読んで、パターンを覚え、会話練習に入る。

こうすることによって、新しい文型、単語を系統的に学ぶことができる。これは、教材に組み込まれているので、講師の好みや指導経験によらないでできる。

ASET 方式は、「オンライン英会話」学校の一つなんだが、他のオンライン英会話スクールとは違う。きちんと理論に基づいて、実践に有効な英会話力が育つ教材、指導方法をとっている。

なお、現在はまだ5コース200レッスンだが、今後これは増やして行くし、新しい文型学習、練習の方法も開発していくつもりだ。 期待して(誰が期待するんだ?)いてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る