ブログ

初心者英会話: 日本人のYes, Noの使い方と「分かったふり」

日本人は、分かっていなくても「分かった」ふりをする...と言うことに関係して、日本人的”Yes”と”No”の使い方がある。これは、実は、初心者独特のものではなく日本人独特のものだ。

この点をちょっと考えて見よう。

二人の人が、ある字について、会話している。日本語でのやりとり。
「この字、正しくないよね?」
字が正しい時   :「いや、正しいよ」
字が正しくない時 :「うん、正しくないね」

これを英語でやりとりすると。
“Isn’t this letter correct?” (この字、正しくないよね?)
字が正しい時   : ”Yes, it is correct.”   (うん、正しいよ)
字が正しくない時 : ”No, it isn’t correct.”  (いや、正しくないね)

上の英文を訳した( )内の言い方、質問と答えの日本文だけ続けて読んでみて下さい。質問に対して答えがずれているような気がしませんか。もし、あなたが「何だか、英語の文では答え方が変だな」と感じるのなら、ピンポーン、あなたは日本人です。(^-^;

ご存じの方が多いと思うけれど、日本語の「はい/いいえ」と英語の”Yes/No”は、場合によって反対に使うことがある。それが上の例。

ごく簡単に言うと、英語では、肯定文と一緒に使う時には”yes”、否定文と一緒に使う時には”no”となるのだ。ま、これは話がすっきりしているよね。

日本人の「はい/いいえ」は、どう使われるか...これもご存じの方か多いだろうけれど、英語の文のつながりの理屈とはまったく違う。日本人は、「相手の言っていること」に賛成なら「はい」、相手が言っていることに反対なら「いいえ」と使う。 次にどんな文が来るかは関係ないんだ。次に来る文が肯定文だろうと、否定文だろうと関係ない。相手が言っていることに「賛成/反対」、相手が言っていることが正しいかどうかで「賛成/反対」という使い方をする。

上に挙げた例、文字について正しいか正しくないかの会話では、

英語、「字が正しいか正しくないか」...で、Yes/No が決まる。
日本語、「相手が言っていることが正しいか正しくないか」...で、はい/いいえが決まる。

と言うわけだ。日本人の「はい/いいえ」は、相手の考え方に賛成かどうかによって決まる。そして、日本では、「いいえ」をあまり使いたがらない。「はい」、「そうですね」、「おっしゃるとおりですよ」、「ええ、ええ」...(^-^;  つまり、相手におもねる(と言うと表現が悪いけど)傾向が強い。

なぜ、「いいえ」を使いたがらないか...それは、「いいえ」と相手の考え方を否定すると、「相手の気分を害する」かも知れないと考えるからだ。ただ、友だち同士の会話などで「明日は雨みたいだね」、「いや、天気予報で見たら晴れと言ってたよ」という会話なら、「いや」とあっさり言える。でも、普段親しくしていない人との会話で、たとえば、「○○のハンバーグはおいしいですね」と言われた時、たとえ自分はおいしくないと考えていても「いや、私はおいしくないと思います」...とは言いにくい。

まあ、外国人でも、相手の考えに合わせて返事することはあるけれど、結構自分の意見をはっきり言う。あまり、「相手の気分を害する」ことを意識しない。

ここが日本人の違うところなんだな。日本人は相手の気分を害することをとても気にする。だから、「はい、いいえ」は、相手の言った言葉に対する賛成か反対かで決める。その上で、「いいえ」をあまり使わない。

で、このことは日本人の分かったふりとつながるんだね。相手が言ったことが分からないばあい、「分からない」とはっきり言えば、相手の気分を害するかも知れない。また、相手が”Ok?”と聞いているんだから、”No, not Ok”とは言いにくい。”Do you understand?” といわれたら、”No. I don’t.” とは言いにくい。ついつい、”Ok.” とか “Yes.”と言ってしまう。

これが初心者の場合は、さらに、「自分の言いたいことが言えない」という不安が重なって、”No”とは、とても言えなくなる。先生に、「え、どこが分からないの」とか逆に聞かれたら...説明できない。だったら、いっそ「分かった」ことにしよう!  (^-^;

で、先生は、「ああ、分かっているな、よしよし」と安心して先に進める。でも、生徒は分かっていないし、その内だんだん嫌になって辞めてしまう。先生には理由が分からない。”Yes, Yes.”と言っていたのになぜ辞めてしまうんだろう...困惑してしまう。

と言うわけで、日本人の「分かったふり」、何にでも “Ok.”, “Yes” と言う癖は、外国人の先生には、とっても困るのだよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る