ブログ

初心者英会話における枠組みってどういうもの?

前回、対話文を覚えるやり方では、初心者が英会話をマスターする(この言い方はちょっと問題があるけど、つまり、マスターというのがどの程度を指すのか、曖昧だ)のは効率が悪いということを書いた。このことをもう少し具体的に考えてみる。

家を建てることを考えてみよう。まず、最初に何をするだろうか。いきなり、玄関のドアを作ったりはしない。壁なども後回しだ。何よりも最初に土台を作る。そして、次に床の枠組み、全体の枠組み(柱や梁など)と作っていく。全体が木の枠組み、鉄骨の枠組みができてから壁、屋根、窓と作っていく。(あ、近代の建築物、ツーバイフォーなどは違いますからね)

英会話も同じことだ。まず枠組みが必要だ。それができてから初めて、場面場面に必要な表現、ある特定の表現を覚えていく。ちょうど、家の基本の形ができてから装飾物などつけていくのに似ている。

こういう話だと分かってもらえるのではないかな。

さて、では、英会話における枠組みというのは、どんなものだろう。それは、ずばり「英文法」だ。このことは、ずーっと具体例を挙げて説明してきたが、それらをまとめて付け加えをしておこう。

ここで、気をつけて欲しいのは、あるいは、誤解して欲しくないのは、「英文法」が高校などで取り上げる「大学受験英文法」のようなものではなく、もっと簡単な「平叙文」、「疑問文」などの文型や「過去形」「未来形」などの時制やと言った、基本的で重要なものを指しているということだ。

さらにもう一つ理解して欲しいのは、ASET School の主張する文法は、「三人称単数現在の文で、一般動詞の疑問文では”Does”を文頭に持ってくる」なんて、七面倒くさい説明をして、理解してもらうことではないと言うことだ。

簡単な文法ではあっても、説明するととても分かりにくい。それを眺めている内に、だんだん嫌になってくる。これでは、いくら役立つ英文法であっても覚える気にはなれない。

では、ASET School では、どうやっているか。

代表、西方はこの点について、長く実践研究してきた。その過程で開発したのが、G in C Approachという、文法的な感覚をコミュニケーションの中で養成することにより、英会話にも役立つ英語能力を効率的に養成する方法だ。

それがASET School の指導法として実地に導入されている。それは、教員と一緒に英文を読む中で、自然に「この場合はこうなる」という文の決まりを体感的に理解し、自然に口で反応できるようにしていく方法だ。それを、教員がさりげなく質問などを通して頭でも理解できるようにしていく。(ま、実際にはそう簡単にはいかないのだけれど)

残念ながら、まだ完成したものてはない。ただし、初期のバージョンはできていて、受講されている方々には極めて評判が良い。「英語が良く分かるようになりました」、「何とか話ができるようになりました」と言う声が寄せられている。

ありがたいことだ。こういう声があると、もっともっと完成したものにしなければと強く感じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る