ブログ

初心者、中学生指導の困難 (3) 単語量の不足

単語さえ知っていれば、買い物や道案内など、最低のことは何とか伝わる。このことは、海外旅行に行けば簡単に体験できる。

あなたが、ハワイに行ったとしましょう。ワイキキの浜辺で遊んで、さて、昼ご飯を食べることになった。「うーん、今日は、何かご飯が食べたいな。そうだ、牛丼を食べよう。ワイキキの近くに牛丼の店があるらしいから」と、近くにいたハワイ人(かどう分からないけれど、その地域の人)に尋ねた。

“Excuse me, would you please ….” なーんて、かっこいい表現を知っていれば使えばいいけれど、発音が悪かったり、声が小さかったりしたら、それだけでもう伝わらない。

それよりも、一言、「ジャパニーズ レストラン ボウルライス」とか言って、お茶碗でご飯を食べるジェスチャーをすれば、あっさり分かってしまう。(ちょっと恥ずかしいけれどね (^-^;

ま、今のよう例だと、牛丼を知らない人には分かってもらえないかも知れないけれど、ともかく、単語を知っていれば、発音が悪くても紙に書けば大体分かってもらえる。

いくらかっこいい英文のパターンを覚えても、単語を知らなければ使えないのだ。このことは以外と意識されていないように思う。

で、この単語の学習をきちんと取り上げている英会話スクールはそれほど多くはない。と言うか、ほとんどない。たいていのスクールが、特定の場面で使う表現を覚て応用練習したり、対話文で練習したり、関連する語をいくつかまとめて教えたりする程度だ。

こんな練習をやっていても、自分の言いたいことがなかなか言えるようにならない。初心者が、英会話スクールに通って、途中でギブアップするのは、「場面にふさわしい表現」、「きちんとしたやりとり」など、「文型」の学習ばかりやっているからだ。

では、初心者の指導はどうしたら良いだろう。初心者の絶対的な単語不足をどうするか。

筆者も正直のところそれで悩んでいるところだ。ま、筆者なりの方法をいろいろ考え、教材化し、指導に組み込もうとしている。うん、おそらく、初心者向けのオンラインレッスンのやり方としては、かなり良いものになると...考えているけれど...まだ、どうなるかは分からない。

とりあえず、初心者の方から「英会話がなかなか上達しません。どうしたら良いでしょう」と言う相談があると、筆者は次のような方法を提案している。

何よりもまず単語を覚えることだ。それを次のように勧める。

「レッスン中に先生が教えてくれる表現があるでしょう。あるいは、これはなんて言うんだろうと、調べた単語があるでしょう。それを、ノートにどんどん書いていくのが良いですよ」とね。

レッスン中に先生が教えてくれた単語や自分で調べた単語は、レッスンに関係があったり、自分の言いたいことを言い直してくれたりしたものだから、関心を持ちやすく、これからも使うことが多い言葉だ。

それをどんどんメモするのだ。このときに、大切なことが一つ。

まず、きちんとしたきれいなメモを作ろうとしないことだ。(そういうまとめを作るのが大好きなひとなら構わないけれど)たいていの人は、きっちり、きれいにやろうとすればだんだん面倒になるのだ。

だから、とにかく、順番とか、他の言葉との関係など無視して、「あ、こう言うんだ」と思ったら、すぐにメモする。

この方法は簡単だ。こうやって作ったメモを後で(たまにでも良いので)見直しをする。それも、眺めて意味を考えるだけで良い。しっかり練習しようなどとすれば嫌になってしまうから。

実は、これは、筆者がやっている方法だ。この方法で単語をどんどん覚える訳ではないけれど、着実に単語の料は増えていく。

こういったやり方をどう初心者に実行してもらうか...それがなかなか難しい。こんな簡単なものだって、やっぱり面倒だと感じる人も多いから。

だから、「このテープを聞けばあなたも必ず英語が話せる」などの簡単な方法に流れ、貴重な時間とお金を費やして、結局上達しないで終わる人が多いのだ。

初心者の英会話指導...何か、うまい方法はありませんかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る