ブログ

修学旅行で話ができずウシと遊んでいた

本文 —————————————————————————————-

中学3年の9月頃、私は修学旅行で」一週間外国にいました。
そのうちの5日間はホームイステイで現地の人と一緒に過ごしました。現地の人はとても優しくフレンドリーに話しかけてくれましたが、当時まったく英語が話せなかった私はどう対応してよいか分からず、悩んだ末、人と接することが苦痛になり、ホームステイ先の牧場の牛と遊んでいました。

今思うと現地の人と触れ合うことなどないから、言葉の意味が分からなかったとしても、ゲームなどしてもっと交流を深めればよかったなと後悔しています。

高校から英語を一生懸命勉強し、基礎は身についていたと思いましたが、高校の時に外国人に話しかけられましたが、やはりまだ会話をスムーズにすることは出来ませんでした。でも、知っている文や単語をつないで、何とか少しはわかり合えたと思います。

外国人とコミュニュケーションをとっていくためには、基礎だけでなく、応用もしっかり身につけそれを生かしていくことが大切だと感じました。でも、今の学校では応用力よりも試験に通る方を重視していて、応用は全然しないので自分でやるしかないと思います。

アンケート ——————————————————————————–

性別      :女

英語の好きの理由 : 異文化に興味あるから。

英会話の好きでも嫌でもない理由 : 使う機会があまりない。

英会話が必要な理由 : 企業の中でも英語で会話をするところが増えているから(楽天など)

オンライン英会話 : 知らないし関心がない

コメント———————————————————————————

使う機会がない...ことはないんですよ。これから、外国人がどんどん日本に入ってきます。そんなときに、やはり英語を共通語にするしかないでしょうし、できないと、今度は本当に困ることになりますのでね。また、異文化に興味があるのなら、自分で勉強するのも良いでしょう。オンライン英会話など、易くて気楽に始めることのできるスクールものありますので。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る