ブログ

フィリピン人の英語の発音は悪いと言われるけれど

途上国の人に対しては日本人はあまり良い印象を持っていない。ま、それは何も日本に限らず先進国は開発途上国の人に対して差別感を持つのだから、生物の特性、「優れたものがそうでないものを遠ざける、あるいは攻撃する」という特性に基づくものだから、しょうがないと言えばしょうがない。

フィリピン人についての評価も同様だ。日本国内ではあまり評判が良くないことが多い。一部の悪い日本人、裏社会の日本人がフィリピン人の出稼ぎ女性を利用して怪しげなパブなどやったなんてことも影響してるいる。 フィリピン人の弁護のために言っておくが、フィリピン人にモラルがないのではなく、そういった人たちを利用し、あくどく金儲けをした日本人が悪いのだ。

特に言葉に関しては「フィリピン人の英語は下手だ」と言う人が多い。オンライン英会話スクールを運営しているとそう言った声を良く聞く。ASETの協力者である筆者の親友の男性(アメリカの大学を出て、アメリカで仕事して30年余)でさえ、「教員がフィリピン人か。それじゃ発音が心配だな」と言った。ASET の仕事の協力依頼をした時に。

ところが、ASETの仕事のためフィリピンにしばらく行って教員の指導をしてもらったらぱったり言わなくなった。

大学の教員の中にもそういったことを言う方がいる。英語の教員だ。で、今まで二人ほど、そう言った方にASETの教員の発音を直接に聞いてもらった。そうしたら、二人共、「ああ、この人の発音はきれいだね」とのことだった。 この先生だけではないんだな。ASETの教員は、みなさんきれいなんです(ちょっと宣伝)。 ま、オンライン英会話などで先生をする人は大体まともな英語を話す。

米国の企業のコールセンター(苦情受け付け、連絡、説明などをする電話センター)の多くがフィリピンにあることは余り知られていない。アメリカでは人件費が高いからフィリピンにあるんだが、そこに電話する米国人がフィリピン人と気づかず、米国人だと思っているそうだ。ま、アメリカ人がみな、きれいなアナウンサー発音をしているわけはないし、なまりもあり、移住者も多いから、アメリカ人であっても、標準的な発音からかなり外れた人も多いと思う。

では、なぜフィリピン人は発音が悪いという考えが日本や米国で多いか...と言うと、話しは簡単だ。「出稼ぎの」フィリピン人の発音が良くない...と言うことだ。海外から日本に来て働く人は、たいていが単純労働につく。大学を出た専門家ということは少ない。日本語という壁があるから、日本に来る出稼ぎのフィリピン人は単純労働者がほとんどだ。そういう人たちは、フィリピンで高校を出ただけ、あるいはそれも不明という人たちが結構いるだろう。

英語の勉強に熱心でなかったのこういった人たちの発音は、残念ながらフィピン語(タガログ語)のなまりが入っていることが多い...これは、フィリピンに行って、タクシーなどに乗って会話するとよく分かる。それがフィリピン人の話す英語のイメージを決めているようなんだな。

フィリピンでもまともな大学を出た人は、まあまあの英語を話す(筆者などと比べるのは愚かなくらい、上手だしきれいだ... ^ ^; オンライン英会話スクールの教員は大卒ばかりだし、採用の際にきちんと発音チェックを行うから、少なくともオンラインスクールの教員については発音の心配はない。何もASETスクールだけではなく、どのオンライン英会話スクールでもだいたいそうだ。

とはいえ、そういった偏見をなくすのはなかなか難しいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る