ブログ

オンラインレッスンで相手の話を聞くトレーニング

オンライン英会話はマンツーマンである。それが最大の利点なのだが、逆に難点でもある。

オンライン英会話での会話は、マンツーマンなので、あまり楽しくないこともある。ずっと生徒の話を聞き、間違いを正し、新しい表現を教えるという仕事は単調で、ともすれば飽きてしまう。そこが結局のところ問題なのだ。だから、何かのきっかけに自分のことをしゃべり始める。(プロの教員である以上、受講生の指導に飽きるなんてことはいけないんだが、ま、実際問題としてあり得る)

それに...女性は、話し好きだ。(女性のみなさんごめんなさい ^ ^; )「地図の読めない女、話を聞けない男」という言葉が一時言われたことがあった。男女の違いを端的に表した文章だ。確かに女性はよくしゃべる。あちらに集まってしゃべりこちらに集まってしゃべる。日本では、カフェやファミレス(最近使わないかな?)などに集まっている女性の方々を見ると、実に楽しそうに長い間(時には数時間?)おしゃべりしている。

フム...その「話を聞けない男」の一員として.おしゃべりに夢中になる女性の心理を「何が楽しいのだろう」と不思議に思う。男は、ゴルフだの(私は時間も金もないのでやりませんが)、麻雀だの、飲み会だの...動いたり騒いだりするのは好きだ。男は、単なるおしゃべりではなく、スポーツや麻雀、酒など、遊びを媒介にしないと話が弾まない。 カフェで男だけ数人集まって、「え~、それほんとかよ」などと盛り上がっているのを見たことがない。

まあ、そういったわけで女性教員に「よく生徒の話を聞いて」という要求がなかなか難しいわけだ。では、どうするか...ま、きちんとチェックし、常に注意を与えることだろうね。

ASET School でやっている一つの方法は、レッスンの様子を時に録音させて送ってもらう。その中から適当に抜き出してチェックをする。そして、おしゃべりが多い教員には、「君は少ししゃべりすぎだ。もっと話を聞くように」と注意する。

もう一つの方法は、常に生徒の評価を確認することだ。ASET School では、レッスン修了後に全教員が受講生にレッスン評価をお願いする。簡単に実施できるので、かなり反応は良く結構きちんと評価してもらえる。それを元に各教員の指導を行う。これも、資質の向上に役立っている。

こういった方法でしか、「おしゃべりのしすぎ」を防いでるわけだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る