ブログ

日常使っている「普通の表現」は、日本人初心者には難しい

オンライン英会話スクールのフィリピン人の先生は難しい英文法を使うだけではない。難しい表現(と言うより、英会話に慣れていない日本人にはなじみのない表現を使う)

たとえば、”Good job!”である。これは、日常的に英語を使っている人には特に何でもない、とってもよく分かる表現だ...でも、教科書英語しか知らない日本人には、「え? 今の何?」となってしまう。 ま、たいてい聞き過ごしてしまうけれどね。

同じような言葉には、”so far” (今のところ)とか “Take it easy” (気楽にやろう)など、「日常的表現」だから、日常的に英語を使っていない日本人には難しい表現がたくさんある。

これも日本語で考えてみればよく分かると思う。

「やったね」、「それはないだろう」、「そう言われても」...こんな表現使っていませんか? これは英語に訳すのが難しいし、ニュアンスが違うので理解してもらう事が難しい。もちろん、日本に来ている外国人でこのような表現を理解できるのは、長い間日本に滞在した人、日本語をうまく使える人に限られる。

(ちょっと余談になるが、「かわいい」と言う日本語は...なかなか難しい言葉である。若い女の子がよく使うのだけれど、実に幅広い場面で使われる。筆者などが学内の階段を上っているときにちょっとつまづいて「おっととと」と言ってよろけると、見ていた女子学生が「かわいい~」と言う。う~む...何がかわいいのだろう...外国人に意味を聞かれたら...どーしよう ^ ^; 

こんな感じなんだね。フィリピン人の先生が使う「日常的表現」は。彼女らは日常的に使っているから全然問題はないのだけれど、日本人には問題になる。と言っても初級者とか、英語の文は読めるけれど英会話をあまりやったことのない日本人の話。ある程度英会話の練習をした日本人なら知っている人もいるので良いけれど。初心者にはつらい。

ASET Schoolの場合、代表の私(元々英会話はそれほど得意ではない)が、気づくたびに教員に指導している。でも、ひょっと出てくるんだね。我々がつい、「なるほどねぇ」と言ってしまうのと同じだ。

最近つくづく思うのだけれど、こういったことを常に注意し、1人1人弱点を修正しないと良い教員は育たない。かなり長い間筆者がトレーニングしてきたASET のマネージャー、フィリピン大学の大学院で「スピーチコミュニケーション」を学んだ教員や、同じくフィリピン大学で「リングィスティックス(言語学)」を学んだ教員などもうっかり使っているんだから...研修がいい加減なオンライン英会話スクールの教員は...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る