ブログ

正しい英語を話せても英語の文法を知らない

英会話スクールの先生は文法に弱い...、現在、日本の英語学校やオンライン英会話スクールのレッスンを受けている方で実際に体験した人も結構いるだろう。
うーん、「弱い」と言う言い方には問題がある。正確ではない。

きちんとした大学を出た彼ら、彼女らはきれいな英語を話す...欧米人はともかく、フィリピン人の先生の英語だってきれいだし、正確だ。では、なぜ文法が「弱い」のだろう。

このことは日本人に当てはめて考えるとよく分かる。

日本人は日本語を正しく話す。小学生でさえ正しい日本語を話す。ま、それは当たり前だ。日本で生まれ、朝から晩まで日本語を聞いて育ったのだからね。この瞬間も、この日本語の文を読み、テレビを日本語の放送を見ているんだから。

では、次の文はどうだろう。

「あいつの言うことは信じれないよ」...うっかり言ってしまいそうですね。これは間違いです。正しくは、「信じられないよ」です。
この文は、「『ら』ぬき言葉」と呼ばれる良くある間違いです。

「そろそろ行こうぜ、終電に間に合わないと帰れなくなる」「大丈夫、この時間だったら全然平気だよ」
この文の「全然」という言葉は「ない」という否定文に使うのが正しいとされています。(戦前は違っていて、肯定文にも使っていたとか)

ちなみに、「全然」という言葉は、どの品詞(名詞、動詞、形容詞、連体詞、副詞、助詞など)の仲閒か分かります?   答えは「副詞」です。

「私は学校に行きました」と言う文で「は」は「わ」と読んでいますね。では、なぜ「私わ」と書いたらいけないのでしょう。
これは、「助詞の『は』は、『わ』と発音する」という決まりがあるからなんです。

で、もし、上のような質問を日本語を学んでいる外国人に尋ねられたら、みなさん、正確に答えられますか?

答えられない方が多いと思います。でも....みなさんは「無意識」に正しい日本語を話しているんですね。

ここが大きなポイントなんだ。つまり、「正確に話している」ことイコール「その言葉の決まりを意識的にはっきり理解している」ことではないのだ。正しく使っていても、なぜそうなるか、どのような決まりがあるかをきちんと意識して話しているわけではないからだ。

これが、オンライン英会話スクールで働く「フィリピン人教員が英文法に弱い」ということの説明。「弱い」というよりも、「意識していないので、説明がうまくできない」と言うことだ。

ただ、ま、この問題はオンライン英会話初心者にはあまり影響はない。なぜなら、文法については基本的なものが分かれば良いわけで、話をするのには困らない。

このように、日常的に英語を話している彼ら、彼女らにとって、「受動態」の文型なんか無意識に「正しく使っている」わけで、日本人のように「Be動詞」プラス「過去分詞」などの意識はあまりないのだろう。

だから、前回上げたような勘違い、”are made”で、”made”゛”make”の過去形(正しくは過去分詞)だから、「時制の一致」の決まりで、”are”を”were”にしなければならない。などと勘違いする訳なんだな。

ま、そう言った細かい点を除けば、彼女らは「感覚的に」文法は正しく理解しているわけだから、間違ったことを教えることは少ない。 とはいえ、ASET School では、それもきちんと教員に指導している。つまり、文法のテストをしたり練習問題を解かせたりしているけれどね。 お金を取っているプロなんだから、正確に教えてもらわないといけない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る