ブログ

フィリピン人先生の発音はきれいだ

さて、オンラインスクールの教員は、フィリピン人が良い...と言う話しをした。その理由は、彼ら、彼女らの明るさとフレンドリーさだ。

ところがフレンドリー過ぎると言うことも書いた。フレンドリーすぎて、「きちんとしたレッスン」ではなく、まあまあ、なあなあのレッスンになってしまう...と言う問題。

その他にもフィリピン人の先生(ま、欧米人の先生にもあるけれど)発音の問題がある。オンライン英会話のスクールの先生は、大体はきれいだと言っていい。ASET School の場合は、特に、雇用の段階で発音チェックはしているし、教員として研修している段階で発音の修正などもやっているので間違い少ない。

率直な話、オンライン英会話やコールセンターなどで働く有名大学の教員以外では、時に好ましくない発音の先生がいたりする。と言うか、日常的に使っているタガログ語の発音が入る可能性はある。特に、学歴の低い人(そういう人はオンライン英会話スクールでは働かないけれど)の場合は、かなり訛りのある発音になる。

余談だが、海外に出かける人、特に海外で力仕事や単純労働で働く人は学歴が低い人が多いのかも知れない。たとえばとしては高校卒業程度といった人。そういう人が手っ取り早く稼ぐには、海外へ出稼ぎに行くのが一番だ。特に、単純労働者は先進国では不足しがちだからね。

で、学校での英語での学習時間が短い(と言っても幼稚園からだから、高校卒業まで10年間くらいは英語だけの授業を受けているはずだけれど)そう言う人の場合、英語の発音訓練が足りないために、「フィリピン人は発音が悪い」と言う偏見の元になっている....とフィリピン在住の日本人に聞いたことがある。

ま、それは別として、フィリピン人のオンライン英会話の先生は一般的には発音がきれいだ。

でも、日本人の多くの人は「それでもやはり欧米人の発音が正しくてきれいだ」という思い込みが強い。これは本当に強い。だから、ASETの教員の発音を聞いてもらうと、「あ、この人はきれいね」と言われる。言外に、「でも他のフィリピン人発音がきれいでない」という意味が含まれているわけだ。

ところがである。本当に皮肉なのだが、日本に来ている英米人講師で実に発音が悪い方がいる。私も何人か知っているが、とにかく訛りがきつくて何度も聞き返したことがある。とすると、彼らは「この日本人は英語がわからないんだな」と言う顔をする。分からないんじゃありません。あんたの発音が悪いんだよ。

かつてイギリス留学中にイギリス人青年と同じ家にステイしたことがある。スコットランド出身の礼儀正しい青年だったが、彼のスコットランド訛りには参った。
最初の頃はほとんど聞き取れなかった。彼の話の中で、良く「ブッ」、「ブッ」という言葉が入る。 恥ずかしいし失礼だから聞き返さなかったのだが、数ヶ月ほど過ぎてようやく判明した。それは、”but”であったのだよ。

アメリカだって広い、テキサス訛りとか、南部訛り、東部訛りなどの言葉があるんだ。日本だって東京弁の他に大阪弁、九州弁、東北弁などなど...かなり違った発音、アクセントの地域がある。筆者は九州出身だが、九州訛りが東京生活40年超えた今でも残っている。

はい、あなた、それでもなんでも、オンライン英会話スクールで働くフィリピン人教員の発音よりもネイティブのアメリカ人、イギリス人の発音が絶対にきれいで正しいと言い切れますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る