ブログ

外人恐怖症の治療?に役立つオンライン英会話

オンライン英会話でフィリピン人の先生がレッスンすることには、あまり知られていない意外な効果がある。それは、「外人恐怖症」の克服ということだ。

日本人の英語はだいたい欧米を基準に考えられている。特に米国だ。日本の小学校、中学校で働くALTだ、これは、Assistant Language Teacherの略で、学校に配属されてくる英語教員を指す。基本的に欧米人だ。どのような選抜基準があるのか知らないが、とにかくアフリカ人やアジア人はあまりいない(と思う。統計を知らないので)

日本人は欧米人には劣等感がある。「英語ができない」という気持ちに加えて有色人種が抱く白人への劣等感みたいなものものあるのだろう。だから、欧米人が相手だと堅くなる。

彼らの英語は正しい。日本人が日本語を正しく話すのと同じで、そもそもネイティヴなんだから英語を正しくきれいに話している。(とは限らない...それは、あなたもそうでしょう。日本語を正しくきれいに話していますか。文法も語彙も発音も正確ですか? アナウンサーでもない限り、ある程度、時にはかなり間違った日本語を話しているはすです。私もそうです) 

相手が完全だと思うと、日本人は萎縮してしまうんだなぁ。「恥ずかしがり屋」の国なんで、自分の英語にますます自信をなくし、話せない英語が余計話しづらくなる。

さらに、発音に自信がないから声が小さくなり、聞き取りづらくなる....で、外人は聞き取れないと、「え?」という顔をして、「この日本人は何を言っているのだろう」と怪訝そうな顔をする。「何かおっしゃいましたか?」とか何とかペラペラと聞き返す。さあ大変だ。日本人は焦る。「やっぱり、俺の英語通じないんだ」...「どうしよう、どうしよう....」

はい、これで、立派に外人恐怖症が誕生してしまうんだな。外人と接することがあると、反射的に逃げ腰になる。不安になる。緊張する。医学の本にも載っていない新しい心の病(とまではいかないけれど)が誕生してしまった。

街で見かける英会話スクールの先生は多少は日本語を話す人が多い。それに、グループレッスンだから誰か答えるので自分が英語をあまり話せなくてもレッスンは進んでいく。それに何よりも日本人の受講生が大勢いる。外人の先生は一人だ。心理的に負けていないのだ。

しかし、たとえばロサンゼルスに旅行する、あるいは、ロンドンに旅行する...と、外人恐怖症が頭をもたげる。何しろ、街で歩いている人、カフェのウェイター、バスの運転手は、日本語がまったく話せないネイティブな外人だ。しかも、一人で話をしなければいけない...「何て話しかけたら良いんだろう、言い方が分からない、通じなかったらどうしよう....」 はい、外人恐怖症がむくむくと ...

ところがオンライン英会話では事情が異なる...と、続きは次回。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る