ブログ

知っていてやらない人々(2)

英語には関心がある。英会話学校に行っている。でも、もっと気楽に安く話ができる英会話学校はないかな...と探している人は多いと思う。

そこに、オンライン英会話という、何だか聞いたことがないけれどインターネットを使う英会話学校があるらしい...ちょっと受けてみようかな...という人は素直で良いけれど(もっとも、特殊詐欺などもあるから、素直に話を信用するのも考え物だけれど)、「怪しいんじゃない」という人も多いだろう。

その理由は安すぎて信用できないと言うことなんだ。毎日やっても月に5000円では確かに安い。はい、本当のことを言いますと、それだけの価値しかない英会話スクールも結構あるんです。

一番大きいのが、教員の管理・指導ができない...と言うことにつきる。

オンライン英会話スクールは、オフィスでやっているところもあるけれど、たいていは家庭から指導するホームベースの教員でやっている。そらそうだ。オフィスなんかに教員を集めたら、交通費や勤務時間相当の給料を出すなど、費用がどどんと増えるからね。安くあげるには、家庭からレッスンするパートタイム教員を使うに限る。

ここが基本的に問題なのだ。ASET Schoolもこの点は悩んでいる。当スクールにはオフィス教員もいるが、それと同数くらいのホームベース教員がいる。オフィスベースの教員だけでレッスンをやると...受講料を今の2倍くらいにしないと、人件費の安いフィリピンと言えど採算が合わない。(ASET School は、代表が給料もらっていないし、日本人スタッフもボランティア的なパートタイムだけだから、運営費は安い。でも...だ)

で、オフィスで勤務していれば、目の前にいるわけだからレッスンの時の話し方や指導のし方などが明確に分かる。だから指導もできるし、態度が悪ければ叱責もできる。

また、教員も、他の教員や上役が居れば気を遣う。下手なことをすれば注意されるからね。

それにくわえて大きいのは、他の教員のやり方をまねできると言うことだ。これはとても重要だ。
特に「話の仕方」、「説明の仕方」など、教育指導には微妙な技術が必要なのだが、これは自分一人で工夫していても限界がある。それが、オフィスで働いていて他の教員のやり方など見る機会があると...「なるほど、こう言うやり方もあるな」と気づくし、うまい教員がいて人気があれば「あの人はどうやっているんだろう」と観察してまねをする。

こういうことで教員はうまくなっていく。

また、オフィスベースの教員は、勤務態度(遅刻、欠席、早退、サボり...^ ^; )もすぐに把握できる。何しろ目の前に居るのだ。逆に、自分の行動は全部把握されるし、明確な失敗、遅刻や早退にはペナルティもあるから、教員も下手なことはしないように気をつける。 したがって勤務態度も良くなる。

こういうことなんだな。教員を管理・指導するということは。

そして、ホームベースの教員は、この管理・指導ができないのだ。マネージャーやリーダーが目の前に居ないのだから、勤務態度もレッスンのやり方も把握できない。また、教員も他の教員のまねなどできないから指導技術が向上しない。

で...ホームベース教員主体のオンライン英会話スクールは、教員のレッスンの質が高まらない。

で...何回かそういうレッスンを受けた英会話の「できる」人は、「オンライン英会話は安いだけで質が悪いなぁ」と、辞めてしまうのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る