ブログ

スマホやタブレットでの英会話レッスン

コンピュータの進歩でインターネットの利用はますます簡単になりつつある。特に、スマートフォンやタブレットPCの登場は、インターネット利用人口を急速に増大させた。2016年現在、日本人口の82.8 %(総務省調査)がインターネットを何らかの形で利用しているのである。

なんだか論文調で書いたけれど、よーするに、国民の10人中8人はインターネットを使っているわけだ。これは、オンライン英会話スクールには追い風だ。特にスマホやタブレットを使えばskypeを簡単に利用できるし、購入する物はイヤホンだけだ。それをつないで画面を見ながらskypeでオンライン英会話のレッスンを受ければ良い。今後もますます、skype を使ったオンライン英会話が広まるだろう...と、スクールがどんどんできる...ことはそんなに甘くなく、撤退するところも結構あるのだけど...

と、いろいろだが...オンラインレッスンの受講は、実はそれほど簡単ではない。一つはスマホなどに組み込んであるskypeの操作や、それとインターネットダウンロード教材の切り替えが慣れないと難しいという問題がある。

この切り替えはとても重要で、オンライン英会話の講師は、聞き取れない単語をIE(インスタントメッセージ)で送ってくれることがある(ASET の教員はそのようにするよう指導してある)。するとそれまで見ていた教材の画面をskypeの画面に切り替え、確認したらすぐに教材の画面に切り替えなければならない。

また、その逆で、自分の言う英語が伝わらないときにIEでメッセージを送る...となると、また話しがややこしくなる。そもそもスマホなどは「音声通話」、「画像表示」、「文字入力」などが同時にできるようにはなっていないんだ。コンピュータのskypeでは、通話と文字入力は同時にできるし、教材の表示も同時にできる。それが、スマホなどでは出来ないんだな。

こういったことがあるので、スマホなどで簡単にskypeでオンライン英会話...と言うわけにはいかない。

できるだけパソコンでインターネットにアクセスしskypeを使えるようにした方が良い。特に、これからASET Schoolが開発する教材ではパソコンで受講することを前提に作成するものがある。ま、スマホでもできるんだけどね。実際にスマホで受けている受講生もぱらぱらといる。

ということで、インターネットの問題を取り上げるつもりが、スマホでオンライン英会話の話しになってしまった。ま、スマホでオンライン英会話はこれからの流れだろうし、考えて行かなければならないことなので無意味ではないけれど...

インターネットトラブル(特に音声の乱れ)とオンライン英会話の話しは次回。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る