ブログ

停電になるとレッスン中止なんて...

オンライン英会話を初めっから毛嫌いする人もいるのだけれど、一度体験した結果、嫌になってオンライン英会話から遠ざかった人もいる。

一つは「初心者英会話」のところでも述べたが 「英会話恐怖症」と言う(筆者が勝手に命名した)症状が出てしまった人。詳しくはそちらを見て欲しい。

他にもいろいろあるが、今回は、インターネットトラブルのうちフィリピン独特のもの。停電について。

オンラインレッスンを受講しているときに、突然回線が切れてしまう。あるいは、予約した時間に連絡が入らない。先生のskypeはオフになっている...さて、どうしたら良いのだろう。困った。こういった時に、日本人サポートは使えない(24時間、日本人サポートが待機しているところは存在しない。考えれば当たり前だ。日本の英語学校でも「営業時間」はあるのだから) こんなことが何回かあって辞めてしまうわけだ。

停電なんて日本では滅多にない。東日本大震災の時に大停電があったけれど、他では何か事故があったにしても、すぐに復旧する。そんなわけで、フィリピンなど新興国の停電については想像がつかない。

フィリピンの名誉のために言っておくけれど、フィリピンは現在発展中だ。マニラは大都会だし、高速道路、電車の整備などさまざまな面で日本よりもはるかに活気がある。ただ、逆に、急速な都市の発展に、電気や道路の整備が間に合わない...と言う事態か生じる。それが時に停電などの問題を引き起こす。

それよりももっと大きな問題は、台風や大雨のなど気象の影響だ。特に台風と突発的な激しい雨の影響が多い。台風は9月、10月を中心に、年間20個前後襲来する。猛烈な風、雨で、オフィスに教員が出勤出来ないときもある。

最近では、突然の大雨、雷の影響も増えている気がする。この一年間にも何回かあった。気温が36度という日が続いたり...地球温暖化の影響かも知れない。「地球温暖化とオンライン英会話スクール」...何だかおかしな組み合わせだね... ^ ^;

台風や大雨などにより電力網がダメージを受けると...停電!ということになる。 電気が来ないのだからコンピュータが動かない。ノート型パソコンならバッテリーで動くけれど、オフィスの中のインターネット回線も電気が来ないのだから動かない。(回線終端装置とかルーターなどが電気を必要とする)

これが、結構あるんだ。大雨があると雷が落ち、停電を引き起こす。また、大雨は洪水を引き起こすこともある。

2012年の秋だったか、すごい洪水でASET School もほとんどの教員が出勤できなくなった。その中、オフィスの近くに住んでいる中心的な教員が、場所によっては腰まで水につかりながら(と聞いた...)オフイスにたどり着き、ホームベースの教員と連携しながら、何とかレッスンキャンセルを防いだことがある。

と言うわけで、フィリピンでのオンライン英会話レッスンは天候にも左右されてしまう。これが、「オンライン英会話は当てにならない」...という不満を生み出し、「オンライン英会話スクール離れ」を起こしてしまうこともあるのだ。

困ったものだ。ま、ASET School では、非常時のバックアップ対策も立てているので何とか動かせるけれど、ホームベース教員中心のスクールはどうしているのだろうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る